小さい家を建てる時の良さは有るのか?デメリットは?

「せっかく建てる家だから」という思いでついつい高額になってしまった!

そんな対策として“小さい家”を考えて見ませんか。
多くの良い点が見つかってきますよ。

 

室内

 

小さい家を建てる時には

 

最近の家づくりでは、良い外装材を使う例が多くなってきています。

メンテナンスの事や劣化対策を考えての結果でしょう。

また太陽光発電をしつらえたり、家の断熱性能を高め様とする事などで
家の建設費は上がる一方です。

昨年の(平成24年度)のある調べによりますと、
全国平均の建設費は2968万円だそうです。

でも家を建てる時には、この他にも諸費用といわれるお金が掛かってきます。

その費用だけでも250万円とかの金額になってくるのですが、
小さな家の場合には、この金額にも150万円とかの安い状態になるのです。

 

その差額は100万円となってきて、大きな金額を扱っている時には、
何だ100万円かと思ってしまうかもしれませんが、
普段の生活における100万円って凄い金額でしょう。

100万円あれば、家を建てた後の家具や家電製品が買いづらいといわれる中で
大きな役に立ってくることでしょう。

そんな時だからこそ、「小さな家」を見直してみるのはどうでしょうか。

 

小さな家のメリット

 

小さな家を建てる時の良い点を一覧にして見ますと・・・

敷地にゆとりができる・庭が広くとれる

土地を選ぶ幅が広がる

土地の広さよりも環境を優先できる

建設総費用が抑えられる

暮らしの質が上がる

省エネ!光熱費が抑えられる

掃除やメンテナンスが楽・掃除する量が減る

家族の気配が伝わる

家が安くなった分でいい家具を買える

子供が出ていったあとは家が大きすぎなくて住みやすい

外壁リフォームなど施工面積が小さくて住む

いい材料を使える

 

敷地に余裕が出来、庭が取れて、選ぶ幅が広がる

狭小地に立てたアイディア住宅 動画 ↓↓

>>住宅メーカーの資料・間取り・見積もりを一括無料で貰う

ハウスメーカー数社の依頼した資料が一括で請求できる!

住宅メーカーの資料を無料で貰おう!

建設場所を選ぶ時には、
敷地に余裕が出来るために、余裕が出来て庭や家庭菜園で
楽しむ事も出来るでしょうし、ペットとの生活で小さなお子さんも大喜びでしょう。

土地を選ぶ時って、自分の望む土地って中々難しいのが現状です。

便利で立地条件が良くて日当たりのよい所などと、
望みは大きくなるばかりとなってしまうものです。

そんな中でも“小さな家”であれば小さな土地であっても良いことになるので
望みが叶うようになるかもしれません。

 

建設総費用が抑えられる

 

当たり前ですが、床面積の大きな家より小さな家のほうが総費用は抑えられます。

建設費が下がれば、その分家の質を上げられて、暮らしの質も上がってきます。

 

合成す材から、自然素材に格上げが出来たり、
壁素材もランクアップできるでしょうし、
窓ガラスを真空のものにしたり、二重サッシにすることで断熱性能が上がり、
冷暖房費も低く抑えられるでしょう。

 

省エネ!光熱費が抑えられる

 

前に述べたことと重複しますが、
冷暖房費や光熱費も小さな家にすることで安くなって、
省エネな暮らしが成立します。

これも質の良い家になったり、太陽光発電の設置が出来たからと
いった事も有るでしょう。

特に電気代が今後も高騰が予想される中で、
安心感が得られることでしょう。

 

掃除やメンテナンスが楽・掃除する量が減る

 

家が小さいことで、普段の生活の中での掃除の事を考えても
小さな面先になる分、当然全てが楽になりますし、

家は年数を減るの従って、メンテナンスや小さな修繕も
しなくてはならないのですがそんなときでも小さな家のメリットは
出くくるでしょう。

 

家族の気配が伝わる

 

小さな家であれば、その間取りを考えても作り方は変わって来るので、
廊下で部屋が仕切られたり、各部屋への導線も短くなって、
家族のコミニケーションが強くなり“幸福感”が強まることでしょう。

 

家が安くなった分でいい家具を買える

大きな家の場合は、家具の量や大きさもそれ相当のものが欲しくなってきますが、
小さい家の時には、備えるための金額が少なくなった分で、
自分好みに選んだ良い家具を手に入れることが出来るでしょう。

 

子供が出ていったあとは家が大きすぎなくて住みやすい

子どもが大きくなれば独立して家を出て行くことが多いものですが、
出て行った後でも広すぎるという感覚はなくて改めて
住みやすさを実感できるでしょう。

 

小さな家のデメリット

 

「子どもが出て行った後も広すぎるという感覚はない」といいましたが、
この事はデメリットともなっていたのは否めないことだったでしょう。

一見して小さな家の“見栄え”は貧しさを感じさせてしまう事も
有るかも知れませんが、

自分で住んで見て、その住み心地が良いのであればそれに越した事は無いものです。
見栄や外聞に負ける事は一切ない筈でしょう。

 

世間の固定観念や恥ずかしいなどといった感覚は
住んでみれば一見して解るはずですし、
そうであれば友達が尋ねてきても、その事がキット伝わるものです。

 

この様に見てきましたが、小さな家を建てる時には、
その建築に当たって、業者さんを見つけるのに苦労する事も有るかも知れません。

 

この事は広い視点で見つけていくことが大切です。

 

私たちの風土には四季があり、色々な年中行事がありますよね、
そんな中で「小さい暮らし」も楽しいものですので、
四季を感じられるような素敵な家が建てられるといいですね。

 

家を建てる間取りを相談したい
おおよそ掛かる費用を知りたい
3人家族の実際例を見てみたい

詳しい内容をご覧になって見ませんか・・・♪
↓ ↓
家づくりの参考にこちらをクリックしてみて見ませんか・・・♪

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ

皮下脂肪