ハウスメーカーによって見積もり差が大きい理由はコレ!

家を建てようとして何社からの見積もりを取りましたか。
その結果でハウスメーカーによって“見積価格”の差に
大きな差が有ることに驚かれたのでは無いでしょうか?

どうしてこんなに大きな差が生じるのでしょうか?
その事を検証してみたいと思います。

 

理想のマイホーム

 

 

同じ条件で出した見積もりの価格差はこれ

例えば「タウンライフ家づくり」では無料で一括で多くの
ハウスメーカーから一括で、見積もりを取ることが出来るのですが、
そこから送られてきた見積もり額を見ると、
その大きな差額に驚かれるのでは有りませんか?

この様な差額はどうして起こるのでしょうか?
ただ単純に安いほうが方がいいのでしょか?

 

その答えを見ていきましょう

 

あなたに届いた見積もりは5社でしたか、10社でしたか?
その届いたハウスメーカーではそれぞれに自信を持った
コンセプト”に従って家を建てて行きます。

その建て方一つを見ても・・・
木造木組み方式があったり鉄骨造や鉄筋コンクリート造だったりしますし、
木造住宅であったも、在来工法のときも、工場生産方式のものあります。

コレだけでも既に大きな差額が出てくることには
納得のいくところでしょうし、
さらに家そのものの外装の仕方や内装でもどんな材料を
使っているかという事は各社でのコンセプトによって
大きな違いが有るのです。

 

もっとつめて考えていくと、
材料一つとっても国内産のものであったり、
外国産のものを使っている場合も有るでしょう。

耐久性の問題があり、美的感覚の問題があり、使用感の問題も有るでしょう。
内装でもドアや窓のサッシのグレードやキッチン・浴室・トイレの
設備機器のグレードの問題もあるでしょう。

この様に見てくると、各ハウスメーカーの考え方によって
実に様々な要素での違いが出てくる事は納得の出来るものでしょう。

 

そして、さらにここに各会社の営業方針の違いもまた出てきます。
例えば会社によってアフターサービスの仕方やどの様な宣伝広告を
しているか、顧客対応や社員教育の力の入れ具合・・・

この様な内容はそのまま家を建てる建て主に負担が掛かって来る
結果になっていることでしょう。

 

 

見積もりを依頼して解った金額の相違点

 

今まで見てきたように、ハウスメーカーによって、
実に様々な考え方の違いによって家は建てられているのです。

ですからその結果言える事は、
単純にどこが高くてどこが安いかという事はわからないという結果のようです。

全てが同じ条件で家は建っていないのですから、
たとえ同じ坪数や間取り図で作ったとしても、同じ条件にはならないですし、
その結果として金額に大きな差が生じてくるのです。

ただいえる事は、自分に有った予算内で出来る会社を、
自分の趣味性に希望に近い住宅メーカーを選び出すことが出来ると言う事は
例えば「タウンライフ家づくり」のようなシステムは改めて私たち
家を建てる側からすると非常にありがたい存在だと思われたことでしょう。

 

見積額の差を生かして家を建てる

私たちが家を建てる時には、そのほとんどの場合では、
初めての経験であり、家を建てることには素人であることが多いでしょう。

この様に見てくる中で、こだわりを持って、外観が気に入ったから
「A社に決めた」という事の恐さは多くの一括見積りを取って
初めて知りえることでは無いでしょうか。

多くの一括見積りを取った結果として、
その中での“最安値”の家を選ぶのもアリでしょうし、

比較検討に悩みつくして、数社に絞り、直接面談に行って担当者の
意見を参考にして決めるのもアリでしょう。

あなたが取り寄せた見積額の最大価格差は300万円でしたか、
200万円でしたか、

その価格差はこれからのローン支払いに
大きな差が現れるものとなって来る事になります・・・

最安値の住宅を選ぶことで長いローン支払いの軽減に
繋がる結果を喜ぶのもよし、
こだわって自分の趣味性を選ぶのも良しでしょう。
どちらにしても一括見積りのよさを大いに満喫して欲しいと願っています。

 

 

タウンライフ家つくり

 

>> タウンライフ家づくりで一括見積もりが無料で・・・

ハウスメーカーへの無料間取り作成依頼・お見積もり・相談依頼等が
一括でお問合せが出来ます。お気軽にどうぞ・・・♪

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ

皮下脂肪