中古一戸建てが売り出される理由とは!

 

新築の家までは建てられないけど「中古物件」なら
手にすることが出来る。

こんな事だってよくあることでしょう。

そこで中古物件を購入するに際しての
注意点などを考えてて見ましょう。

 

中古一軒家

 

中古一戸建てが売り出される理由はなんだろう

常識的な理由で手放す場合がほとんどだろうと思いつつも、
中古物件となると何となく考えてしまうことがある事は事実でしょう。

そんな考え方の基には、
「売り出されるからには何か裏があるのでは?」と、
はじめから疑ってかかる人も少なくないでしょう。

しかし、実際の売り出し理由としては、

「子供が成長して、手狭になったので広い家に買い換える」

「老ごは夫婦2人で暮らしやすい駅近くのマンションに」

「転勤、帰京。また家を相続したがすでに持ち家があるので不要」

などの常識的な物がほとんどです。

 

この様なものは、例えば、
「新品を買って不要になった」
「サイズが合わなくなった」など、

古着を手放すときの理由とそう大差が無いことと
あまり変わりはありません。
ですが、この他の理由には、

「払っている住宅ローンの支払いが出来なくなった」
「離婚をしてしまったので売却することにした」
「実家を相続したことで、必要が無くなったので売却したい」

この様な場合があるでしょうし、
この様な理由だったらなんら問題は無いものでしょう。

 

ですが、
下記の様な場合で中古物件が売り出されていたとしたらどうでしょう。

「殺人事件のあった物件や自殺者が出た物件」

この様な物件であることをあらかじめ知っていたとしたら、
そんな物件は購入する事は普通には無いでしょう。

しかし、そんなことがあったことを知らなかったら、
まして普通よりも安かったら購入してしまうかも知れませんよね。

 

実は、この様な物件は、
不動産会社としては、その物件についての真相を購入者に
話さなければならない義務があるのです。

ですが、一旦誰かが購入した後で再度売り出すようなときには
改めての告知義務はなくなっているのです。

この様なことのほかで注意しないといけないのは、

周辺の騒音問題や環境による悪臭の問題などがある

隣近所間のトラブルがある様な場所に立つ物件

周辺の家の地盤沈下があるようなとき

手抜き工事などの欠陥住宅である

近い将来幹線道路が出来る、鉄道が通る

この様な事は、
その場に住んでいる人達は知っていることでも
購入する人にとっては知らない場合が多い問題でしょう。

 

この様な物件は、普通に考えて特別に安かったり、
周辺の物件と比較しても特別に安いなどと云ったことが有りますので
その様な時には強い警戒をして安い理由をすらべて見ることが大切です。

 

リフォーム派におすすめのサイトは・↓ ↓

 

 

故意を持った悪質な物件を摑まされないように

 

知らずに、悪質な物件を掴まされたということも有るでしょう。

これは、きちんとした不動産会社に頼めば、
マイナス情報も基本的には開示してくれるはずです。

また、購入の申し込みとの契約までは十分な時間がありますから、
自分で調べたり、専門の業者に調査を依頼するなどして、
最低の懸案事項は確認できます。

 

売り急いでいる物件は要注意

悪質な物件が0とは言い切れない中で、
「売り急いでいる物件は要注意」です。

 

売り急いでいる物件や
長い期間買い手のつかないでいる物件は要注意な
物件であることが多いようです。

しかし、また、売り急いでいる物件は一面では
価格面では有理に展開できる場合もありでしょう。

例えば、売主が急遽「海外転勤になった」とか
「離婚で財産を分割したい」とか
「住み替えの購入費用を工面したい」
と云ったものもあるでしょう。

色々なケースを見てきましたが、
特別に安い訳がマイナス要因になるものをではないか、
必ず確認するようにしましょう。

いずれにしても、買う側がきちんとチェックすれば、
物件の判別はそう難しいことではありません。

せっかく購入する我が家なのですから、
気持ちよく楽しい生活を送っていくためには詳しい調査を
した結果で購入することをお勧めします。

 

中古一戸建て住宅購入で参考にしてみて下さい。
 ⇩ ⇩ ⇩

パソコンでも電話でも無料で相談出来るリフォーム・増改築・リノベの専門家です・・・。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ

皮下脂肪