小さな家のメリットがいっぱいの小さな家に暮らしたい

 

「小さな家で暮らしたい」そんな大きな夢を

お持ちの方もいらっしゃる事でしょう。

 

小さな家

「小さな家で暮らしたい」夢がある!

利便性やセキュリティーの良さから、

マンションの好きな方もいらっしゃるでしょうが、
ガーデニングや散歩や緑に癒されながら

自然と隣あわせの“戸建て”にあこがれている方も
多いことでしょう。

 

私も、都会の限られた“箱”の中の生活よりも
こじんまりした小さな家に魅力を感じています。

 

以前には“豪邸”に住む事が、
人生の最終目標のように感じていましたが、

今ではこじんまりとした“小さい家に暮らしたい”という
思いでいっぱいです。

 

小さな家であれば、家を建てるという、コスト面でも楽だし、
生活そのものもコンパクトで楽しさが実感できるように
感じています。

 

小さな家と狭小住宅と・・・


小さな家という言い方と、狭小住宅という言い方もありますよね。

 

同じような小さな家であっても、

小さな家というと、そこには何か夢を感じますが、
狭小住宅という言い方をすると、
そこには夢も憧れも感じられませんよね。

 

では、
狭小住宅と言われる言葉には<
言葉の“定義”に様なものはあるのでしょうか?

 

ウィキペディアでは、狭小住宅とは以下のように言われていました。

引用してみますと・・・

狭小住宅(きょうしょうじゅうたく)は日本の住宅の類型。
狭小な土地に建てられた狭小な住宅のこと。
明確な定義はないが、一般に約15坪(50m2)以下の
土地に建てられる住宅が狭小住宅と呼ばれる。
狭小な土地に建てられた建売住宅につけられた
蔑視的な呼称としてミニ戸建てと呼ばれることもある。

 

この様に、特別な決まりは無いようです。

公的に誰かが決めているわけでは無い様子なので、
狭小住宅とは呼びたくありませんね。

 

ウィキペディアで見ていたら、「9坪ハウス」という
話題があるようで、幾つかの画像も出てきましたが、
さすがに、9坪ではなく、もう少し大きな小さな家が

欲しいのだと自分で思いました。

 

「9坪ハウス」画像から


「9坪ハウス」を見ていたら、

小さい家だからこそ、“高い設計力”を発揮し、
自分の意向を最大限に発揮した家が欲しいのだと
改めて思えてきました。

 

自分にあった、丁度いい家で、
丁度いい生活
をしていきたいものです。

 

普段に生活に当たっても、小さいからこそ感じられる、
丁度良く管理できて、そこにいるだけで心地よさを
感じ取れる家が欲しいなと感じています。

 

この様な事が出来るのも、
ハイ、ココに、コンナ、家を作りましたから、
見に来てください。

気に入ったら、買ってください。

といって提示されたマンション(家)ではなくて
自分で作った小さな家が欲しいのだと改めて思いました。

 

この様な事を考えていた時に、
小さな家だからこそ、専門家さんが考えてくれた
小さくても、立派な家にすごしたいなぁ~って考えました。

⇩⇩⇩

小さい家にすみたいからといって、
何かを全て、節約や倹約をしたいから、
小さな家が欲しいのではなくて、

家族と幸せに楽しくスマートの暮らせる事が目的ですから、
小さな家に合った、さりげない設備機器や什器があれば
そんな生活が営めること満足です。

マンションには不向きカも知れない、
ワンチャンや猫ちゃんも家族の一員に出来たらいいなぁ~
なんて思っています。


それが小さな家で出来る幸せかもしれないなぁ・・
と思っています。

小さな家だからこそ、そこに出来る間取りや
出来方こそが、あなたの希望に沿った
素晴らしいものであって欲しいですよね。

そんなときの、心強い相談相手になってもらえるのが、
タウンライフ家づくり♪かもしれません。

小さな家の、関連記事です:
>>小さい家を建てる時の良さは有るのか?デメリットは?

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ

皮下脂肪