中古一戸建て住宅の購入は目的を明確に!冷静な物件探しを!

中古一戸建てを買う鍵は

 

中古一戸建て住宅の購入を考えている!

そこに、不動産屋さんに進められると、
中古の一戸建てとはいっても、高額な買い物にもかかわらず、
衝動的に住宅の購入をその場で決めてしまう人は
意外に多いものです。

 

そこには、

どうしても買いたい気持ちが優先してし待っていて、
目の前に住宅を見てしまうと、

プラス材料ばかりに目が向いてしまうのです。

そんな時こそ、目的を明確に持ち、冷静担って、
今時分は物件探しをしているのだといった感覚を
忘れてしまってはいけないのです。

中古一戸建てでは、現物を確認できるのですから、

間違いの無いチョイスを目指すことに
集中したいところです。

それにはまず、「どんな家に住みたいか」を
明確にすることです。

 

家族全員で考え、話し合って、
「みんなが集まる LDK は広く」
「ガーデニングをしたいから庭付き」

「小学校まで10分圏内」など、
自分が購入する家への希望を全て書き出して見る事も大切です。

 

 

中古一戸建て購入で譲れないポイントを絞り込む

 

希望リストアップしたら、今度は優先順位をつけていきます。

 

「どうしても譲れない条件」と
「譲っても構わん構わない条件」を明確にしておくのです。

 

このようにすることで、
物件の見学時にたまたま印象に残った点に引きずられて、

購入を決めてしまうことからおがれることが出来ます。

 

一般的に住宅は、都心夜駅に近ければ便利さが増す一方で、
値段が上がるか、狭くなります。

 

逆に郊外や駅から離れるほど、利便性は劣りますが、
その分、値段が安く、広い家が多くなります。

 

「狭くても通勤・通学に便利な家」に住みたいのか、
「郊外の広い家」に住みたいのか、
まずはそこから考えて見る事が大切です。

 

 

リフォームするなら築年数や工法に
注目して購入する!

 

購入する住まいはどのように使っていくのかが先ずは大切で、
購入した中古一戸建てを将来どうしたいかも物件選びの
ポイントです。

 

現状維持で長く住みたい「」や、
積極的に手を加えたい「リフォーム派」は、

1980年以前の物件は避けた方が良いといわれています。
それは、建築基準法の耐震基準が改正される前の
物件だからです。

 

修繕派は比較的状態の良い築浅の物件がお勧めです。
そして、その目安は木造住宅の評価が0になる
15年以内のものです。

 

リフォーム派におすすめの一つには
ツーバイフォー工法よりも木造在来工法です。

大掛かりな改造も可能です。

 

 

法律に注意なのは、建て替え派、売却・住み替え派

 

土地重視の「立て替え派」は、築年数の古い物件が狙い目です。

土地の価格が中心になるため、お買い得となります。

 

気をつけたいのは、建築基準法や道路計画などの関係で
建て替えが禁止されている物件や、
セットバックが必要な物件があることです。

将来、住み替えを考えている「売却派」は、
既存不適格建築物(建てた当時との建築基準法の違いで
違法建築となっている物件)に注意が必要です。

この物件は売却時に値段を叩かれます。

また、売却相手によっても、
融資が受けづらい物件となります。

 

売却派の人は立地などを検証し、
将来の地価の予測に注意が必要です。

 

そして購入後も、
定期的にメンテナンスを行うなどして、
相手のすきやすい状態を保つ心がけが必要です。

リフォーム派におすすめのサイトは・↓ ↓


パソコンでも電話でも無料で相談出来るリフォーム・
増改築・リノベの専門家です・・・。

 

関連記事
中古一戸建てのメリットはこんなに大きい!

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ

皮下脂肪