中古物件の買い方は修繕派・リフォーム派・立て替え派・売却派で異なる!

 

中古一戸建ての使いみち

 

中古一戸建てを購入しようとした時に、
大切なことは、その物件をどのように使いたいかを
自分の中で明確にして置くことが非常に大切です。

中古物件は、
修繕派・リフォーム派・立て替え派・売却派と言った
初めからその用途を限定して購入するべきなのです。

それは、その使いみちによって、
それぞれに注意しなければならない事が有るからです。

購入した中古一戸建てを将来どうしたいかも物件選びの
ポイントなのですがどうしてなのか書いていきます。

 

修繕費やリフォーム派は築年数に注目!

 

現状を維持したままで、で長く住みたい「修繕派」や、
積極的に手を加えたい「リフォーム派」では、

1981年以前の建築基準法によって建てられた物件があり、
このようなのものでは、
1981年5月31日以前の建築基準法にマッチしてないので、
この様な物件は避けた方が良いでしょう。

そして、大切なことは、

1981年5月31日以前の建築基準法では、

震度5強程度の揺れでも倒壊せず、破損したとしても
補修することで生活が可能なレベルで建築することが
義務付けられていましが、

1981年6月1日に施行された建築基準法の改正では、
耐震に対する設計方法が根本的に見直しされたのです。

そして、その内容は、
震度6強から震度7の揺れでも建物が倒壊せず、
最低でも「人の命が守られる」ように建物の設計や構造を
強化するようにと変更されたのです。

このようなことが有りますので、
1981年6月1日以降に建てられた建造物でなければ、
新耐震基準の建物とされないので、大きな差があるためです。

世界的に見ても、私達の日本は地震大国と言われるように
地震に強い建物を建てなければならないのですが、
この点を新しい建築基準法では重視しているのです。

 

修繕派

比較的状態の良い築浅の物件を購入するようにし、
目安は木造住宅の評価が0になる15年以内の物件が
おすすめなのです。

 

リフォーム派は、

ツーバイフォー工法よりも木造在来工法を購入することで、
大掛かりな改造も可能となるのです。

 

建て替え派、売却・住み替え派は法律に注意

 

土地重視の「立て替え派」は、築年数の古い物件が狙い目です。

一戸建て住宅では、10年経てば建物の価値は0になる・・・。

こんな事を聞いたことがあるかもしれません。

でも、此のようなことは、全くその通りでははないのです。

 

此のことは、確かに税法上の問題で言えばそのとおりなのですが、
実は実際の不動産の売買には直接的な関係は無いのです。

此のことは、不動産を扱う会社や担当者によっても
評価は分かれるのもなのです。

此の事をまとめてみますと、
「資産価値0であっても、評価ポイントは0では無い」
ということなのです。

 

しかし、そうはいっても、古い物件では、
土地の価格が中心になるため、
お買い得となることは否めません。

立て替え派にとっては、そこに建築されている物件は
ゼロ評価に近く、土地の価格によって評価が
決まるということです。

 

ただ此の時に、気をつけたいのは、
建築基準法や道路計画などの関係で建て替えが禁止
されている物件や、セットバックが必要な物件が
あることです。

将来、住み替えを考えている「売却派」は、
既存不適格建築物(建てた当時との建築基準法の違いで
現場は違法建築となっている物件)に注意しましょう。

この物件は売却時に値段を叩かれます。

また、売却相手によっても、
融資が受けづらい物件となります。

売却派の人は立地などを検証し、
将来の地価の予測に注意しましょう。

そして購入後も、定期的にメンテナンスを行うなどして、
相手のすきやすい状態を保つ心がけが必要です。

 

~~~~~***~~~~~

総合的な判断に通じていて内容を詳しく知り尽くしているのは
やはり住居についてやリフォームの専門家です。

自分たちの求める住まいを実現してくれる、
信頼できる専門家を見つけられるよう、まずはいろいろな
会社に相談することから始めてみましょう!

知らないままに大きなミスを犯してしまわない為にも
建築のリフォーム専門相談員にお気軽に相談
なさってみることをおすすめします。

⇩ ⇩ ⇩

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ

皮下脂肪