中古一戸建ての購入でここだけは注意したい重要なこととは?

リフォームしたい

 

リフォームすれば中古一戸建てが生まれ変わる!

 

中古一戸建てを見た目で判断するのは禁物。

たとえ築20年以上でも、
外壁を塗装し直して家の中の壁紙を張り替え、
水回りを交換すれば随分新しく見えるもの。

 

見た目に惑わされ、
構造部分焼その痛みに気づかないなどということに
なりかねません。

逆に、一見古く見えても、
基本的な構造部分がしっかりしていれば、
少し手を入れるだけで、
その後何十年も快適に過ごすことができます。

 

大事なのは、「この建物は築何年なのか」を確認すること。

 

無難なのは築10年位の物件なのですが、
築20年位の物件になってくると、新築時より大きく下落して
購入しやすい価格帯になっているものです。

 

築20年位の物件がおすすめなものとしては、
建物の価格の下落傾向がこの段階で落ち着いていて、
その後の大幅な下落はあまりない事があります。

当然なのですが、同価格帯の新築や築浅の中古物件より
広い土地面積としてのものが手に入りやすくなります。

ただ問題なのは、築20年位の物件ともなると、
建物の劣化が心配される年数でもあります。

 

2年から3年の築浅物件だと価格が割高で、
中古を狙うメリットが少なくなってしまう中で、
この様な物件を購入して、少し大幅なリフォームを
考えて購入すると言った事も良い考え方だと思います。

 

築15年位の物件では、まだ価格がこなれて無くて、
築20年ものと同じ様な痛みがあちこちに出始めていることが多く
なりますので、そうなった時にはいっそ築20年もののほうが
得な買い物になることが多いようです。

 

 

外回りのリフォーム歴にも注意

 

リフォームが既にしてあるものなら、
「いつ」「どの部分」を行ったのかを確認しておく事が
必要です。

 

後述のリフォーム時期の目安を参考に適切な
リフォームがなされてきたかどうか、
売主や営業担当者に確認しておくことが肝心です。

 

特に、屋根や外壁周りはマメに手入れをしてないと、
風雨にさらされて家全体が傷みやすくなっているので
要チェックです。

 

購入してすぐに建て替える予定があるなら別ですが、
しばらくは買った状態で住むことになでしょう。

 

チェックを怠ったばかりに、思わぬリフォーム代が
かさんでしまった。

 

購入費の他にそんな負担が発生すれば、
ローンの返済計画にも大きな影響を与えます。

 

 

築20年ものの大まかなリホーム代の概要は・・・

・外壁塗装     70万円

・屋根補修     30万円

・クリーニング    7万円

・畳表替え      3万円

・クロス交換     50万円

・給湯器交換     20万円

・洗面台交換     10万円

・キッチン交換    55万円

・トイレ交換     10万円

・フローリング工事  30万円

・ユニットバス交換  70万円

・温水洗浄便座     5万円
_______________

   合計金額  360万円

 

この他にも、修理・修繕、リフォーム等の
内容が変わってきます。

 

例えば、

屋根瓦葺き・屋根スレート・屋根金属板

雨樋や軒裏の様子、バルコニー木部・鉄部・アルミ部

土台・床組・玄関・窓・内部建具・給水管・水栓器具

これらの様子によっては交換・取替・リフォームが
必要になってくるでしょうし、
キレイに使っていた場合には手入れの必要が
無いこともあるでしょう。

 

このこうなこともあって、上の示した価格は、
当然ですが大雑把な価格だと思って下さい。
これ以下の場合もあり、これ以上の場合もあるということです。

購入した物件が住む人の使い方で、大きく左右されるももので
その事によってもリフォームの内容は大きく左右される
要素となってくるでしょう。

リフォームの様子が多少違ったとしても、
中古一戸建て物件は非常におすすめな
マイホームの買い方であることは間違いないものでしょう。

中古別件を買うにしても、リフォームにしても、

総合的な判断に通じていて内容を詳しく知り尽くしているのは
やはり住居についてやリフォームの専門家です。

自分たちの求める住まいを実現してくれる、
信頼できる専門家を見つけられるよう、まずはいろいろな
会社に相談することから始めてみましょう!

知らないままに大きなミスを犯してしまわない為にも
建築のリフォーム専門相談員にお気軽に
相談なさってみることをおすすめします。

   ⇩ ⇩ ⇩

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ

皮下脂肪