資産価値を持った一戸建て中古住宅の安くて安心な買い方は?

中古住宅の資産価値は

 

中古住宅の資産価値は?

 

将来的な住み替えも現実的に考えられるなかでの
資産価値を持った安い一戸建て中古住宅の
安心の買い方ってあるのだろうか。

 

そこで一番に気をつけることは、

「一般に新築住宅は、築10年ぐらいで建物の価値が急激に
下がり、
築20年ではほぼ土地の価値だけになる」とされている
と言われていることを知っていることが大切です。

  

しかし、一方では、見方を変えれば、
築10年を過ぎると価格変動が緩やかになり、
築20年を過ぎると価格変動は極めて少なくなること。

この事もまた知っておきたいことです。

 

中古住宅を選ぶことで、
資産価値が急落するリスクを回避することができると
考えられます。

新築物件を住宅ローンで購入した場合、
将来的に家族構成やライフスタイルが変わっても、

資産価値が半減し、ローンの債務が残るようであれば
容易に住み替えはできません。

 

その点、築10年以上、築20年以上の中古一戸建てであれば、
好みに合ったリフォームを施した上で、
住み替えを考えることも現実的になります。

 

「中古住宅を買ってリフォーム」それが
一番手っ取り早いマイホームの完成方式です!

 

⇩ ⇩ ⇩

 

 

物件選びは立地や構造性能などに注目

 

将来的に住み替えを考えるなら、
物件を選ぶ基準がより重要になってきます。

 

まず基本構造がしっかりしていて、
メンテナンスが適切に行われている住宅を選ぶことが大前提。

 

立地は防災面や生活環境の良さを備えている町に
あることなどが大切です。

 

駅からの距離も近い方が有利になるでしょう。

また、住宅の性能客観的に判断する手段として、
住宅性能表示制度」も利用できます。

 

この制度は、構造の安定 、火災時の安全などについて、
住宅の性能一定の基準に基づき、東京で表示するものです。

 

費用はかかりますが、将来的に物件を売却する時に、
価値を示す基準となるメリットがあります。

 

住まいの資産価値を左右する力と品質に注目しよう

 

立地と品質の注目ポイントとしては、
立地・採光・通風・騒音が一番先に気になる点でしょう。

都心部の物件は利便性に優れているが、
価格は郊外よりも高めです。

周囲に建物が多いので採光や通風や騒音などを
チェックして見ることもも大切な要件です。

以下に資産価値のチェックポイントを挙げてみます。

利便性

郊外は価格は安めでしが、徒歩圏内に公共施設が
整備されていないことも多いでしょう。

マイカーがない場合は、
バスなどの公共機関の利便性を確認しよう。

都心までの距離は近いほど資産価値は高くなりますが、
価格は高めになるのは仕方ないところでしょう。

 

所在地

街路樹などが整備され閑静な地域でしょうか。

ほとんどの縁が一般住宅に利用されているだろうか。

用途地域も改めて確認しておきましょう。

 

需要

都心部高級住宅地など、常に需要が見込めるエリアの物件は
資産価値が大幅に下落しにくいものです。

 

品質

住宅性能や耐震性や防音の遮断性能の面で優れた性能を
持っているか。

特に築年数が古い物件は耐震補強が行われているか。

 

バリアフリー

バリアフリーに配慮したつくりになっているかどうか。

 

デザイン性

無垢の木材や塗り壁など、高品質な建材を使っているか。

外観から内装まで、デザイン性の高い建物かどうか。

 

メンテナンス

雨漏り、シロアリ対策など、メンテナンスが十分に行われているか。

 

リノベーション

リフォーム、リノベーションに適した物件か。

 

中古物件の購入後はそのまま入居するのか、
リフォームやリノベーションの予定があって購入するのか。

購入前に自分の気持をしっかり持って見ていきましょう。

総合的な判断に通じていて内容を詳しく知り尽くしているのは
やはり住居についてやリフォームの専門家です。

 

自分の求める住まいを実現してくれる、
信頼できる専門家を見つけられるよう、まずはいろいろな
会社に相談することから始めてみましょう!

 

知らないままに大きなミスを犯してしまわない為にも
建築のリフォーム専門相談員にお気軽に相談なさってみることを
おすすめします。  ⇩ ⇩ ⇩

ご自分の思いを充分に伝えて希望する内容に沿って
専門家が全て無料で相談に乗ってくれます。
住宅展示場に行ったときのような気兼ねも遠慮もいりません


中古住宅関連位記事
は、
下記の記事集を参考になさって下さい・・・。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ

皮下脂肪