大阪に大地震が!東京に首都直下地震が起きたらどうなる?

首都直下地震が起きたら

 

家 ファビコン

直近での大きな地震といえば、1995年のM7クラスの阪神・淡路大震災の
兵庫県南部地震や、M9の東日本大震災を招いた東北地方太平洋沖地震が
ありましたね。

それに引き続き今回の大阪を中心とした震度6弱という大きな地震が起きて
しまったわけです。

阪神・淡路大震災が起きる前までは関西地方では大地震は無いと
思われていたと言うことでしたが、今回又大阪を中心とした
関西圏で大きな地震が発生してしまったわけです。

そして、今、千葉県ではスロースリップといわれるあまり聞き慣れない
言葉で表せれる地震が頻発している現状があります。

大阪の例を見ても解るように、東京のような日本の経済や政治の中心部の
大都会で起きてしまったらどうなってしまうのでしょう。

考えただけでも恐ろしいことですが、1200万人もの人たちは表面上では
あまり恐れを持っていないように見えて仕方だありません。

 

家 ファビコン

そんな中で、M7級の首都圏直下型地震が起きる確率は「30年以内に70%」
の恐怖は素知らぬ顔をしているしか無いのでしょうか。

 

首都直下型のM8クラスの巨大地震は、約200年周期で発生することが
よく言われているのはご存知なことでしょう。

 

そして、巨大地震の発生は静穏期から活動期に入っているとの
見方もあるようです。

ということはマグニチュード7クラスや8クラスの地震がいつ起こっても
不思議ではないと思われているのも事実です。

政府の想定に寄りますと、震度6強ではその時に走っている列車の
23%以上が脱線し、震度7の時には93%弱の列車が脱線するということです。

列車が地震のために脱線したと言うことはあまり聞かないことですが、
そんな事が起きてしまうという中で都市やその周辺部ではどんな
状況になってしまうのでしょうか?

大都会は“火災旋風”が起こり炎の竜巻が密集しているビル群が火柱の
高さが200mにまで達した中で火災旋風に巻き込まれることになって
しまうのです。

 

家 ファビコン

大都会には多くの地下空間があります。
地下鉄も張り巡らされています。

この様な地下空間では、二酸化炭素の濃度がわずか1分間で
人間には耐えられないような状況になって、高炭酸ガス血症になり、
めまい、頭痛、意識障害が起きて昏睡状態に陥る人が一杯出てくる
可能性が指摘されています。

 

大阪地震でもあったように帰宅困難者で道路は溢れても交通手段は
スグには回復できることもなく道路も倒壊したビルや家屋や
高架橋などで通行することもできなくなって、

都内から千葉・埼玉・茨城に帰ることが出来るのは最大6日かかると
いうのが内閣府の試算だと言うことです。

 

家 ファビコン

この他にも津波の被害や東京湾の大炎上等も起きてくるし、
よく言われるような、東京湾に囲まれた海抜0メートル地帯の
東京・荒川、隅田川の『江東デルタ』は、深くて2~3メートル、
局地的には3~4メートル水没してしまいます。

この他にも1~2メートルの水没や浸水はもっと多くの場所で
起きてきます。

 

水で水没するだけでな無く、地下にあるインフラが電気・ガス・通信が
機能を果たせなくなって、超高層マンションを始めとしての
“高層難民”の発生も危惧されるとこです。

この様に多くの場所で水没することと相反した結果として、
一方では、1カ月以上の断水が広範囲で発生し、断水率は23区で
46%で、なんとも皮肉なことには、

水没してしまうであろうと言われている、葛飾区、江戸川区、
江東区では断水率70%以上にもなってしまうとのことです。

しかも災害が発生したあとの1週間後には3000万人を超えてしまい、
その後3週間を過ぎても2000万人、
4週間も過ぎてもなを1300万人だという試算が有るのです。

この様に見てきたようなことが現実に起これば、当然「住宅が被災」
する人は多くなり、避難所の不足は目に見えるようで、
見方によれば30万人もの人の避難所そのものが不足するし
避難所での1人の使える面積は畳1枚分程度とのことです、

 

家 ファビコン

電気の事を忘れていましたが、
大地震の発生後には電気が通じなくなります。

それは、電柱は倒れ電力線はずたずたになることは容易に
想像できることですが、そうなると当然のように電気の供給は
ストップしてしまい、悪いことには、電気関連の工事が治って、
電気を供給し始めると、“通電火災”がそこここで起こって火災が
多発してしまうことです。

このことは、阪神・淡路大震災の兵庫県南部地震の時の
教訓が示しています。

 

家 ファビコン

後2年後には東京オリッンピックが控えています。

なんとか平穏なオリッンピックが終了できればいいと
思わないわけには行きませんが、心配ばかりしていても
普段の生活は成り立ちませんものね。

 

この様な地震の危険性が大きく迫っている中で、
「東京に家を建てる」危険性はどの様に思っているのでしょうか?

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ

皮下脂肪