家の賃貸と購入どっちが得?注文住宅にもメリットとデメリットが有る!

 

家は購入か賃貸か

 

家は購入か賃貸かどっちが得か?

人生では3つの大きな決断が有るます。

結婚・出産・家を建てる!ということでしょう。

そして、また、「家は購入するのか、借りるのか」
この問題も大きな人生の分かれ道でしょう。

 

自分の一生の住まいを自分で建てるか、借りるかは
単に「家」そのものだけの問題でな無く、
どの様に過ごしていくかの岐路でも有るのです。

 

賃貸を選んど時には、一生の間家賃を払い続ける事になり、
仕事をリタイアした後の老後の問題もでてきます。

 

家を購入した場合には、
老後の問題はないかもしれませんが、
長い間“住宅ローン”を抱えて過ごさなければなりません。

 

購入か賃貸か?お金の問題を考えてみる!

 

賃貸と購入、どちらが得なのか?
お金の面から比較検討してみましょう。

賃貸と購入で、違いが出るのはローン返済後なのです。

購入する場合には、始めに何百万円かの大きな支出が
でてきます。

 

当然ですが、この支出は賃貸の場合では、
大した金額は出ていきません。

この段階では大きな差を広げた状態で
出発することになり、その後の支出は大した支出の
差はないままに過ぎていくことになります。

ただ、賃貸の場合では、一定の期間毎に更新料が掛かったり、
引っ越しをする場合には、敷金・礼金・仲介料などが
必要となってきます。

一方、購入した方には、建物の修繕費やリフォーム
費用が掛かってきます。

ただこの支出の差は大きなものではないでしょう。

ただここから問題が出てくるのですが、
購入でローンが返済された後では、返済が終われば、
支出はストップすることになります。

この段階までは、賃貸派の支出の方が少なくなって

いたのですが、ここから逆転が始まるのです。

どちらが有利なのかは、一概には言えません。

単純に支出の総額で判断するのではなく、
住まいに何を求めるかという視点からも検討を
するべきなのです。

ここに大きな差があり、よく考えなくてはならない
重要な事があるのです。

この辺のことに関しては、家族で良く良く話し合って
置くべきじゅうようなことでしょう。

 

ライフスタイルから見た賃貸と購入の差は!?

 

例えば夫婦で仕事重視の生活を送るなら、

住まいは都市の中心部を希望する事が多いのでは
ないでしょうか。

そうなれば、家を購入するということは、
価格が高額になってしまいことや、

購入できる場所の問題にしても、
あまり現実的ではないと思います。

この時には、一戸建ちの家は諦めてマンションの
購入を考えるようになることも有るでしょう。

 

仕事の関係や事情によっては、転勤が多いという場合も、
家を購入するという決断はしづらいという事も
有るでしょう。

 

このようなライフスタイルを見ていくと、

家は購入するのではなくて、
賃貸が適している事も多く有るのではないでしょうか。

 

賃貸派は老後の住まいに注意

賃貸の大きな魅力の中には、
要望や状況に応じて、気軽に住み替えられるという事が
あるでしょう。

また、家族の増減に応じて物件を選んだり、
新しい設備を利用するために住み変えたりという
楽しみは、購入派にはないものです。

ただし引っ越しには「引っ越し代」を
含めた費用がかかるのも事実です。

 

また、引っ越し先によっては、
家具が合わない、入らないなどの理由で
買い替えが必要になることもあります。

また、賃貸派が一番考えておかなければならないのは、
老後の住まいの問題です。

 

購入派は、ローンが終われば住宅への出費は減りますが、

賃貸派の場合には、老後になってそれまでと同じ様な
支出が継続されていくことです。

 

つまり、老後の住居のための貯蓄も必要となるわけです。

将来を見越して、自分のお金を貯める計画性も賃貸派には
必要なのです。

 

家はかけがえのない財産

 

「自分の城を持ちたい」

「子育ての環境を整えたい」

「家族にとって住みやすい家を作るのが夢だ」

という希望があるなら、
それを実現するために家を購入を考えてもいいでしょう。

 

家は、家族にとって大切な財産です。

子供時代の記憶に家の思い出が強く結びついている方も
多いのではないでしょうか。

長い期間の歴史が住まいには残っているものです。

そんな中で成長していった子どもには、
家に対する愛着が増していくのも持ち家ならではです。

 

また、家をオーダーメイドで作る場合、

自由に設計することで、家族が望むこだわりを
反映させられるというメリットがあります。

 

予算の制約や家族間の考え方の違いなどで、
すべてが思い通りにはいかないでしょうが、

それでも思いが詰まった家には自然と愛着が
生まれるはずです。

 

家を持つことで生まれるつながりと責任

 

家を購入する場合には、住む場所は一箇所に
固定されることになります。

そこで起こってくることとしては、
必然的に隣り近所との付き合いが発生してきます。

持ち家の場合には、一度近隣でトラブルを起こすと、
その場所に住みづらくなるのも事実でしょう。

 

その点は購入派の大きなデメリットと
言えるかもしれません。

 

このことは、言い換えると、
自分の人生にも責任感が生まれてきます。

 

 

注文住宅のメリット・デメリットは?

 

ここからは、様々な居住スタイルについて
その特徴を考えてみたいと思います。

まずは注文住宅です。

注文住宅の魅力は、何と言っても、
自由に住まいをデザインできることでしょう。

 

この事を言い換えると、

住空間を自由にデザインできる
と言えるでしょう。

自分の好きなように、暮らしやすいように、
全てを決めることができるのです。
家づくりを進める中で、
トータルの雰囲気はデザイン、設計、設備、建材、
工法に至るまで、

 

建てたい家のイメージに合ったものを選び、
その上で家族にとって最高に心地の良い空間が
作れるのです。

 

あれこれ夢を膨らませることができるという意味では、
計画段階が一番楽しい時間なのかもしれません。

 

自分が建てる家の設計が終わって、
着工後には、家が次第に出来ていく過程の全てが
見えてくるわけですから、その一部始終が楽しめます。

 

そして、普通にはなかなか経験できないような、
地鎮祭や上棟式など、住宅を建てる時ならではの
伝統的な祭事も経験できることになります。

 

建築の工程を基礎から見られるというのは、
なかなか出来ない体験です。

 

ここで作業工程をよく確認しておけば、
これからの長い生活をともにしていく家との
暮らしの安心にもつながるでしょう。

 

家を建てることでのしかかる大きな事自己責任

 

注文住宅はメリットばかりではありません。

全くのゼロから作っていくために、

住みやすいかどうかは、

すべて完成するまでわかりません。

 

設計などはプロの目からアドバイスをしてくれますが、
基本的に家は建て主の要望通りに作られていきます。

 

要望を最大限に生かす形で設計されるわけですから、

住み心地や使い勝手の面で不都合が生じれば、

その責任を全て建て主にあります。

 

例えば、日当たりを考慮して窓を多めにすれば、
背の高い家具の配置に困るかもしれません。

 

満足度の高い家にするためには、
建て主自身の細かい配慮が必要なのです。

 

現実問題として、この様な専門的な知識の全てを
自分個人においては無理なことも多く有ることは
仕方のないものでしょう。

そんな時に、大きな力を貸してもらうためにも
タウンライフのアドバイスがどんなに大きく

自分を助けてくれて、大きな力を授けてくれるかを
実感できることでしょう。  ⇩ ⇩ ⇩

 

 

当初の予算内に収める事が大切だということ

 

家を建てるに際して、自分の思いや家族の要望の
全ての要望は叶えられればそれに越したことは
ありませんが、予算には限りがあります。

 

資金を潤沢に用意できていない場合だって当然にように
ある事でしょう。

一生に一度のことだからといって無理をすると、

結局ローンの金額がかさんでしまい返済のリスクが
発生してします。

 

最初に立てた予算を守らないと、
後々の生活を圧迫することになってしまいます。

 

また、家は長い間住んでいれば、いえば当然のように
傷んでも来るでしょうし、一部には思わぬ欠陥も出て
来るかもしれません。

 

その際、修繕の資金繰りやスケジュール管理も

自分たちで考えなければなりません。

 

自由度に比例した自己責任を覚悟しなければ
ならないのが注文住宅なのです。

家を建てるときには、

依頼する会社や物件のある地域、施主の希望する条件や
物件そのものの状況までさまざまな要素がかかわってきます。

総合的な判断に通じていて内容を詳しく知り尽くしているのは
やはり住居についてリフォームの専門家です。

自分たちの求める住まいを実現してくれる、
信頼できる専門家を見つけられるよう、まずはいろいろな
会社に相談することから始めてみましょう!

知らないままに大きなミスを犯してしまわない為にも
建築のリフォーム専門相談員にお気軽に相談なさってみることをおすすめします。

⇩ ⇩ ⇩

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ

皮下脂肪