家を建てる情報収集は展示場がベストか?営業マンとの付き合い方は?

 

「家を建てる」で先ず始めるのが住宅展示場に行くことですか?

あなたが
住宅展示場で得られるものはなんですか。
住宅展示場で失うものはなんですか。

 

総合住宅展示場で効率よく情報収集するために

家づくりのために総合展示場を訪れるのは極く
当たり前の行動でしょう。

そこで一番気になることが営業マンからの“しつこい売り込み”
でしょうか。

このことは営業マンからすれば仕方のないものでしょうか。

その場で売り込みをするために、立派な家を建てて
待ち構えているのですからね。

さぁ~鴨が来たぞ!決して取り逃がしてはいけないぞ!
ッテ態度になるのも仕方のないことでしょう。

 

展示場に行く前から不安に思っているのは、
みんな一緒です。多分・・・。

 

そこで、絶対に営業マンに売り込みをされない方法
2つあります。

その1つは、展示場に行かないことです!
ってそれはないだろう!って思いますよね。

でも、これは全く真面目な話なのです。
それは、自宅にいながら・・・

大手ホームメーカー28社との間で
間取りプラン・資金計画・土地探し

これらの相談やプラン作成に関して全て無料で
やってもらえるのです。

 

プラン相談

 

>> 間取りプラン・資金計画・土地探し、すべては自宅で無料です・・・


自宅にいながら、電話やパソコンを使ってやり取りを
するのですから、営業マンと顔を合わせることもないので
売り込みがされようもないのです。

この方法は、とにかく気軽です。

ただ、気をつけないといけないのは、
中途半端な気持ちで相手と対していると
中途半端な間取りであったり、相談が受けられなく
なってしまうでしょう。

 

相手も真剣に取り組んでくれますので、
あらかじめ間取りなどの詳しい内容を家族で話し合って
ある程度の要望をまとめてから相談にのるのが、あなたに合った
相談結果が得られますし、何より得策でしょう。

 

この方法であったら、わざわざ色々な思いを持って
住宅展示場の営業マンと対面することもなく、
出かけて行かなくても重要なやり取りが出来ることでしょう。

何度かのやり取りの後で自宅に来てもらったり、
住宅展示場に行って現物を見ながら相談にのることも
良いのではないでしょうか。

 

住宅展示場に行って営業マンと話す仕方は

 

やっぱり、営業マンと話したいけれど、
売り込みが怖いと思っている方に、
絶対に営業マンに売り込まれない方法を考えていきましょう。

そのために知っておくことで重要なこととは!

それは、実は簡単なことなのです。

売り込まれないコツはアンケートを書かない」ということです。

ごめんなさい。
あまりにも簡単なことで戸惑っちゃいましたか。

でも、これが、売り込みをされない方法の極意なのです。

アンケートには色々なことを記載するように依頼されます。

その内容については、

住所を始めとして、電話番号、名前はむろん、
土地はどうなっている、何時までに完成させるのか、
このような事が事細かく記載するようになっています。

 

これを書いたら、担当の営業マンにとっては宝のようなもので
鬼の首を取ったようなものでしょう。

今後、営業マンはこのアンケートをもとにあなたに対してくるのです。

でも、心配はありません。
早い段階で、このアンケートの記載を断ればいいだけの話です。

初期段階で、アンケートを断ればセールスされないし、
セールスしようもないことなのです。

 

断り方だって簡単です。
「いまはまだ家を建てる計画はありません」
たったこれだけでいいのです。

でも、家には興味があるのでモデルハウスを見に来たのです。
いまはまだ家を建てる機はないのですが質問してもいいでしょうか

 

この様な態度で、堂々とハウス内を見学させてもらえば良いのです。

 

営業マン側からしたら、まだこの段階であなたは
“見込み客”では無いのですから、営業をかけてくることは
ありませんから自由に振る舞っても構わないわけです。

ですが、営業マンによっては、はっきり断ったために
態度を一変させて来ることもあるかもしれません。

そんな時には、隣のハウスに移動すれば良いのです。

 

住宅展示場行く計画を立てからいく方法

 

住宅展示場に行くと言うことは、
実は「始めが肝心なのだ」と言うことがわかったと思います。

住宅展示場では意外に混んでいることが多いものですし、
特に何かのキャンペーンをやっている時には混み合うことが
あるようです。

最初の頃は、出来るだけ空いている時に出かけるほうが良いので、
週末を避けて、できれば午前中がわりに空いていることが
多いものです。
定休日は水曜日が多いようですが、チェックしておきましょう。

これから家を立てようとしている時には、

ハウスそのものやインテリアなど、
見るものがみんな気になって来るものですから
カメラや筆記用具は必ず用意していきましょう。

 

先程ご案内した、
>>タウンライフ家づくりでの、
依頼先のハウスメーカーの外観や内観などや、

おおよその間取りの特徴などがあるものなので、
その点をチェックしておくことも重要です。

ホームメーカーの絞り込みのためにも、
その目をもって見ておくことが重要です。

気になったハウスメーカーの外観などは忘れずに写真を
とっておくことで後で思い出すことが出来るでしょう。

気に入ったハウスがあったら中にはいって
間取りの様子やインテリアの参考になった点などの
写真も忘れないようにとっておくことが必要です。

大切なことは、家に帰ってから、家族と話し合って
意見を交わしながら自分たちの好みを集約させていくように
しておくと後で役に立つことでしょう。

 

住宅展示場に建っているモデルハウスはあくまでも
モデルハウスなので、実際に立ち上がる家とは違って
豪華な付くにリなっていることも自覚しておくことが大切です。

豪華なことは良いのですが予算という事の現実も
忘れてはならない事です。

家 ファビコン

ここまで、住宅展示場に関する色々な事を見てきましたが、
これから家を立てようとしている時には、
多くの参考になることが溢れています。
自分の目的や目標をしっかり持って行かないと

多くの情報に振り回されてしまいます。

また、最初の頃は展示場に行くことだけでもプレッシャーを
感じてしまうかもしれません。

自分の立ち位置をしっかり持っていれば全然平気なところです。
展示場に居る営業マンはその道のプロですから、
わからないことや疑問点が合った時には臆せず聞いてみることです。

心配していた営業マンとのやりとりでは、
自分は具遺体的な計画はないこと、見に来ただけだと伝えること、

アンケートには初期段階では記載しない事が肝心でしたね。

 

後は心配なく営業マンに質問をして、自分の家作りのための
情報収集をしていきましょう。

 

住宅展示場には無料で多くのことが手に入る場所なので
多くに質問をしてみたりして情報収集をしていきましょう。

そして、

その後、
ここまで勉強していると、
下記での「タウンライフ家造り」のやり取りも楽になり
より深い情報を手にすることが出来ることでしょう。

あなたの素晴らしい新築住宅の入手がスムーズに
進められることを願っています。

有益な相談ができることを願っています。

間取りプラン・資金計画・土地探し、すべては自宅で無料で・・・

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ

皮下脂肪