台風・大雨・雪で雨樋が外れた・瓦がずれた!これだけでも火災保険が降りる!

 

 

最近は大災害と言われるようなものが多発していますね。

2018年の夏は異常気象の猛暑の中で熱中症が大きな
話題になっています。

最近では豪雨であったり、台風や大雨の影響で、
家が被害を受けることもここ最近では増えています。

台風といえば昔から自然災害の中でも被害が大きいものですが、
その台風も、温暖化の影響が言われる中で、
でっかいスーパー台風が発生する確率も高まって来ています。

最近来た台風では、沖縄から九州、近畿と
ルートが定まっていた中で、直接東京に上陸かと思わせていた
台風が近畿地方に上陸してから、いつもと全く反対方向に
進んでいきました。

こんな珍しい現象がいつ起こるかわからないのが“災害”の
特徴でもあるようです。

 

大風や大雨、雪の小さな被害などでも火災保険は保険が下ります!知らいないと損します!

 

台風や大雨、雪などの被害でも火災保険金が下りる事を
ご存知でしたか?

雨どいが外れたり、屋根の瓦がズレたり……

そんな些細な被害でも、実は多額の保険金が下りるんです。

 

大きな災害でなくても、例えば大雨が降って屋根の瓦が
ズレたとか、雨樋が外れることって良くありますよね。

一見些細なことなので、この様な時に火災保険で
保証してもらおうなんて考えないことが多いようです。

でも、
この様な時の為の火災保険なのですから、
保険金を請求すれば良いんです。

 

火災保険は火災だけの保険ではありません!

 

災害は保証される2

 

台風が来たとしましょう。

一見、よくテレビで見るような大きな被害はなくても
よく見ると、細かなところが色々と被害を受けて居ることが
あります。

こんな例があることを知ってください。

台風が来て、一見被害のないように見える家だったのですが、
築5年以上の一戸建ての家で調べた結果、平均80万円の
保険金が下りたのです。

これは、あくまでも平均であり、その金額は“地域”によっても
違ってくることはあるのですが、80万円もの保険金が
降りたのです。

 

火災保険に入っていながら火災保険金がもらわれて
いない現実がある!

 

雨

 

今の状況で言うと、火災保険の加入物件は全体の
約80%から90%程度もの方が火災保険に加入しているのが現状なのです。

でも、せっかく火災保険に入っていながら、

多くの方が火災保険金は火災が起きた場合にだけしか
降りないものと自分で思ってしまっているのが現状なのです。

それで、実際のところでは、

約90%の火災保険は、台風、大雨、雪などの自然災害によって
起きてしまったような火事以外の被害にも適用できるんです。

 

風

そして、もう一つ付け加えると、台風や大雨や大風や
大雪のような、自分自身では被害を受けたと気が
付かないようなもので、

目視ではわかりにくいような軽微な被害があって、
それが全体の殆どが占めているんんだと言うことを
是非知っておいてほしいのです。

これは、何を意味しているかというと、

火災保険に入っているのに、申請すれば保険金が受け取れるのに
受け取れるはずの保険金をもらわないでいるということなのです。

先ほども言いましたが、
一見何も被害がないように見える家でも 築5年以上の
一戸建ての約70%以上で、平均80万円ほどの保険金が
下りて居る
事実
が本当にあるのです。

 

雪

 

保険金を請求しないと勿体無いもう一つの
理由が火災保険にあった!

損害保険で一番一般的なものに自動車保険があります。
この自動車保険には、等級制度というものがあります。

等級制度は事故歴に応じて保険料を割引・割増する制度です。

 

しかし、

火災保険の場合では、この等級制度では無いのです。

また、保険金が下りた後でもお客様が月々支払いする
保険料は一切変わりません。

また、良いことには、もらった保険金の使いみちには、
保険会社とお客様の契約上も法的にも制約がないため、
どんな用途にお金を使っても良いのです。

家屋の被害で保険金が降りたけど、たいして何も外見上も
大した事ではないから、欲しかった自動車を買っちゃおう。
となっても一切構わないのです。

 

 

 

火災保険でも対処できない災害が有った!

 

たった一つだけ
注意しないといけない事があります。

それは、地震です!

地震


火災保険では、地震の損害は補償されないので注意が必要です。

地震が来ても、「うちは火災保険に入っているから大丈夫!」と
思って居るとそれは間違いで、
地震が原因で家が焼失しても火災保険では補償されません。

地震による損害に備えるためには、火災保険と一緒に
「地震保険」が必要になるのです。

地震保険というのは、地震によって建物や家財が損害を
受けたとき、その損害を補償するための保険です。

具体的には「地震、噴火、またはこれらによる津波を
原因とする火災、損壊、埋没、または流失による損害」
です。

 

そして、この地震保険は単独では加入できないもので、
地震保険に加入するには、
火災保険への加入が前提となっています。

 

折角の火災保険が貰われていない事情があった!

今まで見てきたように、
折角火災保険に入っていたのもかかわらず
請求すればお金がもらえるのにかかわらず

軽い被害でありながら、平均で80万円もの保険金を
もらってなまった現実があるのですが、
それは、火災保険の請求の煩わしさ
大きく立ちはだかっていたようです。

 

ここで、もし仮に、請求できることを知っていたとしても、

保険請求を実際に個人で申請するのが、
困難でとても厄介な理由が幾つかがあることなのでしょう。

そんなときに、折角の火災保険を放置せずに
あなたに代わって請求してくれるサービスがあるのです。

それが、
>>お家の調査を一切無料で出来る相談センター
なのです。

火災保険金が自分で手続きが一切必要ない
一切無料のお家の相談センターとは

 

お家の保険相談センターは、
そんな「これって保険が下りるの?」というような
被害を無料で実地調査してくれるサービスです。

 

見積書の作成や保険会社とのやり取りのアドバイスなどの
トータルサポートも一切やってくれて、一切無料です。

今、この段階でお家の相談センター
話を出してきたのかといいますと、

今までも見てきたとおりで、本当にもったい無い
という現実がいっぱいあることを知ったからです。

なぜこんなにまでももったい無いという現実が
有るのかと考えた時に、

それは、
申請するのが厄介な現実が有ったから
なのだろうと考えられたからです。

そのことをまとめている項目がありましたので、
次に引用して見ますと以下のようなことが有るようです。

*****************

火災保険を個人で申請するのが厄介な理由

1.被災箇所を探す為に、ハシゴなどを使って屋根に登って調査
しなければならない

2.傷が被災によるものか経年劣化によるものかの判別が必要

3.被災箇所を適切な角度で写真撮影する必要がある

4.申請可能な箇所を見落としてしまうリスクがある

5.被災箇所が、具体的にいつどの災害によって生じたものかを
特定しなければならない

6.被害に見合った適切な額の見積書を作成しなければならない

7.保険会社・鑑定人とのやり取りを正確に行わなければならない

*****************

 

こような課題がある火災保険を個人で申請するのは
大変な困難ですよね。

たとえ、個人でどうにかやってみようとして、
申請できたとしてもフロー内で曖昧・適切でない
ポイントがあると、申請が却下されてしまったり、

本来支払われるべき保険金が減額されてしまったり
する事も多いのだということは何かやりきれない
感覚になってしまいます。

 

このように、やはり私達の様な普通の人には
ちょっとというか、大分難しいことと思って
しまいますよね。

 

でも、だからって、今まで述べてきたような
結果になってしまうのは勿体無いし、
理不尽さを感じてしまいますよね。

そこで、私達の見方である、
お家の保険相談センターのことを
もう少しだけでも見ていきたいと思います。

お家の保険相談センターがやってくれることは、
無料での実地調査から見積書の作成、
保険会社とのやり取りのアドバイスなど、

私達が正当にもらう事のできる保険金を
きちんと受け取ることを全て無料でしてくれる
というものです。

 

無料と言いましたが、
このお家の保険相談センターに支払う金額は
一切ありませんが、

無料という事に関して説明しますと、
無料での実地調査・申請サポートをしてくれて、

依頼者である、私たちの保険金が実際に下りた場合
ときだけに、降りた保険金から一部を成果報酬として
徴収されるだけということなのです。

 

また、実際に実地調査に行ったところ
申請できる箇所がない、

あるいは、申請してみたけれど保険金が下りなかった
場合の時にでも、費用一切い掛からないという
ことなので
安心して依頼することが出来るのです

 

当然貰える保険金が、その手続の難しさだけで
お金がもらえないと行った悲しさを味わうことが
ないようにしたいものです。

そんな事のないように是非とも
下記の画像をクリックして、貰える端はずのお金を
もらってください。  ⇓ ⇓

>> お家の無料調査はこちらからから

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ

皮下脂肪