家が出来た!外構・庭はどうする?デザインや費用は?失敗しないためには?

家を建てた!
家を新築してやっと安心できた!

さて・・・!
外構、庭はどうしたら良いんだろう・・・?

外構って詳しくはどういう意味だろう?
外構は何処に頼めば良いんだろう?

外構を頼む前に知っておくことはなんだろう?

外構で失敗しないためにはどうしたら良いのだろう?

外構で後悔したくない、
後悔しないためににはどうする?

慣れないことをする前には
色々とクエッションマークだらけになってしまいますね。

外構とはエクステリアともいわれるもので、
家の外の庭まわり全般に関しての物です。

外構は家を引き立たせる大きな要因を持った
重要なものです。

重要なものだけに失敗はしたくありませんよね。

 

外構と言われる庭まわりは、
自分のライフスタイルによって多くの要素が
色々と絡み合って来ます。

見積もり・施工は出来る限り、
外構専門業者(エクステリア業者)に
依頼したいものです。

 

あなたが知っているエクステリア専門業者は
いらっしゃいますか。

専門業者に依頼するにはどんなことに
気を付けたら良いのでしょう。

ここでは、外構で失敗しないための
あれこれについて書いていきます。

 

 

外構をハウスメーカーに依頼するのは
正しいか?正しくない!その理由は!

 

まだ家は建ててない。
だから家を建てる時に一緒に外構も頼めばいいだろう。

これは間違っているのです。
いや、お金がいっぱいあるならそれもいいでしょう。

家を建てるということは、
お金が一杯かかるものです。

そんな時に、便利だからという理由で
ハウスメーカーに一緒に注文すればいいと
思いがちですが、これは間違いなのです。

ハウスメーカーは家を建てる事が専門で、
庭を作るような“エクステリア”は専門外なのです。

 

ハウスメーカーに依頼した時には、
ほぼ100%下請けに外注することになることを
認識した上で発注する事が必要でしょう。

ハウスメーカーでは、

受注はしても、外の業者に任せてしまい、
完成した後で何割かを上乗せして請求してくるのです。

この結果、専門業者に依頼したときよりも
何割か高額な請求をされているのです。

注意することは、
ただ単に金額が高額なだけではなくて、
デザイン性やこちらからの発注時での要望を
詳しく聞いてもらえないことになることです。

専門家ではないので、あなたの依頼内容を
理解することができないのです。

折角のエクステリアが台無しになり、
寂しい、侘しい庭になって、高額なお金を
要求されることに我慢できますか。

完成後には喜びが待っていたいですよね。
悲しみと後悔が残った庭を見て
何の喜びも無いなんんて・・・。

 

 

ハウスメーカーに外構設備を依頼する
メリットとデメリットは?

 

新築の家はマッチした外構と一緒になって
魅力を発揮できるのです。

 

ハウスメーカーに外構工事を依頼することが、

デメリットが多いのですが、
デメリットばかりかと言うと、
そうではなくメリットもあります。

 

第1のメリットは、
家を建てる時の“住宅ローン”に外構工事の代金も
一緒に組み込むことが出来ることです。

外構工事の単独の場合では、
家を建てたハウスメーカーと違う会社では
普通の場合では住宅ローンが組み込めないからです。

仮に外構工事だけのために別途ローンを組むのは、
金利の面からマイナスになってしまうので
おすすめ出来ないことなのです。

第2のメリットは、
外構工事の会社を探す手間が省けることです。

ですが、正直なことを言えば、
大切な外構工事の会社を探すのが面倒だと思えるようでは、
自分で満足できるような工事は
望めないのではないでしょうか。

 

ハウスメーカーに依頼しても良いという場合は、
完全な状態での仕上がりは一旦後にして、
とりあえずここまでは今やっておこうと
いった時にはハウスメーカーに
依頼するの良い考え方でしょう。

 

 

理想の外構が出来るために必要なことは?

 

外構を発注する時に知っておかないといけないことと、
外構に対する知識をもっていないといけないことがあります。

まず自分はどんな庭がほしいのかを
自分で決めておくことが非常に大切です。

いちばん大切なことは、
どんな庭にしたいのか、
という事と、
出来上がった庭であなたは何をしたいのか
という事とです。

自分や家族が完成した庭で何をしたいのか、
ただ眺めているだけの庭でいい場合も有るでしょう。

自分が作りたいと思っている庭には
多くの事があります。

その一部をランダムに挙げてみますと、

・子供やペットが走り回れる庭

・家族、友人とガーデンパーティを開きたい

  ・デッキやガーデンルームをメインにした「使う庭」に。

・モダン、和風、ナチュラルなどのプラン

・リビングからの眺めを楽しみたい

・庭を眺めながらお風呂に入りたい

・シンボルツリーの有る庭

・ゆっくり気楽に楽しむ庭

・大勢でワイワイと楽しむ庭

・花壇や菜園を楽しむ

・池やバーベキュー炉などの設備が欲しい

・アウトドア派思考の方向

・ガーデニングタイプ

・イングリッシュガーデンタイプ

・癒しの空間を作れる

・植栽や自然素材を使ったエクステリア

  ・デッキやガーデンルームをメインにしたい

・夜の景観を大切にしたい

ここに挙げたような趣味や趣向が
各人それぞれに有ることでしょう。

この様な要望は有るのだけど、
その事を自分たった一人で考えることは出来ない。

誰に相談すれば良いんだろう・・・!?

確かに、自分ひとりでは、
経験がなかったり、思いはあっても
それを実現させることは非常に大変な作業ですよね。

 

大丈夫です。そんな時こそ、

自分の構想や想いを告げて
そのとおりの物を実現させてくれる
手伝いをしてくれて、

幾通りものアイディアや設計を
しかも、いくつもの専門業者が、
全て無料で、設計や相談に乗ってくれる
システムが有るのです。

 

それが、下記のものです。 ⇓ ⇓

>> 心の通ったエクステリアを思う存分相談できます。

 

外構設備の提案が来たそれで良いのか
検討する

相談した結果の設計図が届いた。

肝心なのはこれからです。

何社か、あなたの要望によって複数社が
設計や見積もりを送ってきた。

さて、どの業者を選ぼうか?
迷ってしまいますよね。

そんな時には、提案をそのまま全てを
受け入れなくても良いのです。

決めようと思った業者に対して
自分の想いや疑問点を質問して聞いてみることを
おすすめします。

 

このデザインはどうしてこの様になったのですか?

ここでの植栽はどうしてこれが良いのですか?

玄関までのアプローチのデザインはどうしてこうなのですか?

この当たりの色はどうしてこの色がいいのですか?

 

例えばこのような質問をすることで、
本当に自分にとって良い結果が
得られるかも知れませんし、

あなたの意見を伝えて見ることで、
あなたが選んだ業者の本気度も解ったりします。

また質問をすることで、
ここは、このようにすることでコストを
下げられることもあります。

とか、
こんな方法もありますがどうでしょうか。

とか、
ここで使用している素材は効果なのですが
長い間使えるし、メンテナンスも楽なのです。

この様なアドバイスがもらえる結果になるものです。

プロであればプロなりの答えが帰ってくるでしょうし、
その結果によっては、その業者はダメだから、
B社の方に変更したいと言う結果になることも有るでしょう。

 

ここで大切なことは、
あくまでもあなたの視点に立ってアドバイスが
有るかないかということです。

いずれにせよ、あなたの視点に立ったアドバイスを
してくれる施工店を選びたいものです。

 

この様な経験ができるのは
きっと下記のシステムがあなたに最善の
結果を提示してくれるものと信じています。

>>心の通ったエクステリアを思う存分相談できます。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ

皮下脂肪