家をリフォームしたい!無料見積もりが有利で便利に出来るのはここ!

家を建ててもう随分たったなぁ~!
家族構成も変わったからリフォームしたい!

リフォームをするには、
その手順が大変に重要なことです。

計画性もなく、ただただ自分の思いを
リフォーム業者に訴えただけでは、
大きな失敗に出会ってしまいます。

どんな手順で、何から始めたら良いのか
普通にはなかなかわからないことも有るでしょう。

リフォームでいちばん大切なことは
自分の思いを十分に業者に解ってもらうことと、
いかに正しい見積もりを取るかにかかってきます。

リフォームは見積もりを取ることから始まるのです。

ここで見積もりのあり方を知ってください。

 

リホームの鉄則は見積もりから始まる!

 

リフォームの始まりは
見積もりを取ることから始るとは言っても、

自分の中で、何も考えがまとまっていなくては
ただ漠然とキッチンはこうしたい、
浴室はこんなが良いかな?

 

こんな程度の段階でリフォーム業者を呼んでも、
本当に正しい見積もりは出来ないし、
見積りを依頼された側でも戸惑ってしまいます。

 

或いは親切に相談に乗ってくれるかも知れませんが、
その場合では、業者の言いなりになって
しまっている結果になってしまうでしょう。

 

良いリフォームや計画的なリフォームをするためには、
事前の準備と計画が非常に大切であって、
それが有ってこそ、完成後に大満足できる
リフォームをする事ができるのです。

 

良いリフォームの見積もりを取るための鉄則は!

 

いちばん大切なことの第一番目は・・・。

見積もりを依頼する前に、
自分は何をしたいのかの全部を紙に書き出しておきます。

紙に書き出すことで、自分がしたいことが
明確になってきます。

・何故、今、リフォームをしたくなったのか

・現時点での問題点は何か

・改善したい場所や問題点はなにか

・リフォーにに対する具体的な要望の数々をまとめる

   ・現状での機能や改善点は何か

・断熱・保温機能にこだわりたい

・家族の希望や要望はなにか

      ・気になる商品は有るか

気になる商品がある場合では、
あまり細かい指定をすると選択の幅が

狭くなったり、予算が限定的になったりという
こともあるので注意することも必要でしょう。

 

その反面、確かにある製品での機能や性能であったり
デザイン面での希望の提示ができることは
完成後の満足感にも関係してきますので
知っていることは強みになるでしょう。

この点では、色々なメーカーのショウルームを
見学しておくのもいいでしょう。

 

この様にして、自分の希望や重要視したい点を
確認できたらその優先順位も考えておくと良いでしょう。

このようなことが自分の中で決まったら、
見積もりを依頼することができるようになるでしょう。

この段階までの要望が決まってないままに
見積もりを依頼すると、
見積もりが出てきてから、その見積もりと
180度違った希望を出す結果になってしまい、

リフォーム会社の方でもどうしたら良いのか
戸惑ってしまい結果になってしまいます。

ただ、多少の変更や希望の変更は有ることは
全然可能なことは当然です。

 

リフォーム見積もり後にはチェック
が欠かせない!

リフォーム見積もりを依頼したいけど、
どんな所にどうやって依頼したら良いんだろう!

こんな感じになることも有るでしょう。

そして、リフォーム見積もりをどうやって、
何処に依頼するかを選ぶ必要が有ります。

この様な時に、

リフォーム会社に見積もりを依頼するやり方は
次のような2つの方法があるでしょう。

・直接電話して見積もり依頼をする方法

・リフォーム一括見積りサイトから見積もり依頼をする方法

この2つの方法はあるとは言え、
「直接電話して見積もり依頼をする方法」では
直接自分でリフォーム会社を見つけて、

電話して見積もりを依頼するということでは
有るのですが・・・、

ちょっと心が大変ではありませんか?

すでに知り合いのリフォーム会社が有って、
気軽に頼める時にはそれでも良いでしょう。

また、自分の住まい近所にリフォーム会社が
ある場合などはいい方法だと思います。

この様な場合で困るのは、
知り合いだから、近所だからこそ、
うまく見積もりが合わなかったり、
要望が強すぎたりする場合には、“困る”場合も
出てくるかも知れません。

リフォーム一括見積りサイトから
見積もり依頼をする方法

見積りサイトから見積もり依頼する方法では、
最近ではこの様にネットに依るサイトが広がってきていて
便利な方法なので多くの方が使っている方法です。

何と言っても、この方法で一番良いのは、
パソコンで依頼することができるということで、
心に何の負担もなくできることでしょう。

このやり方は、
決まったサイトのフォームに行って、
自分で紙に書いた要望や希望を書いて投稿するだけで、
自分が住んでいる地域のリフォーム会社の数社が

回答をしてくれて、
自分の希望にあった、次のような内容について
回答してくれます。

・リフォームアイディア&アドバイス

ちょっとしたプロ目線のリフォームアイデア・アドバイスで、リフォームはより良いものになります。家の困り事や不満点をお伝え下さい。複数のリフォーム会社専門家がリフォームアドバイスをご提供しますので、満足度の高いリフォームが実現します!

・リフォーム費用・見積もり

「家を綺麗にしたい」と思っても「幾ら費用がかかるのかわからない」と思われるあなたにお届けします。リフォームの要望の設問をチェックすることで、リフォームの概算見積もり&リフォームプランニング提案がいただけます。

・リフォームプランニング
リフォームとは生活スタイルを変化させること。・・・でもなかなか良いリフォームプランは浮かばないものです。ちょっとした一工夫やリフォームの着想を変えるだけで満足感の高いリフォームが誕生します。

この一括見積りサイトを利用するメリットは何といっても
「登録してある会社は相見積もりOK」という点です。

個人で直接見積もりを依頼する際の
「相見積もりNG」という心配がないのは
何とも心強いことです。

 

この様な便利なサイトは下記のような
サービスが有ります。

これからリフォームを考えているなら
一度詳しい内容を見てみることをおすすめします。

>> タウンライフィリフォーム公式サイト

 

賢いリフォーム見積もり方法の大原則

見積もりは少なくとも2~3社に依頼して、
内容を比較することが非常に大切なことです。

それぞれの会社の良い点があったり、
良いアイディアがあったりと、
参考になることが多く有るからです。

多くのリフォーム経験者が言われることとして、

「見積もりは数社に依頼すべきだった」と
思っている人が多くいて、

自分は比較検討すること無くリフォームをした後で
後悔していると言ったケースが多くあります。

これは、費用の相場や目安を調べたとしても、
希望するリフォーム内容であったり、
その内容によることや、商品のグレードによって、
見積額は大きく違ってきますから。

これは、見積もりを複数社に依頼することで、
はじめて、「希望するリフォームの費用の相場や目安」を
知ることができるのです。

ここで重要なのは、
複数社の提案をもらうことでリフォームの内容も
比較することができるという利点が
有ることも大きなことです。

 

リフォーム見積もり書をチェックして
リフォーム業者を選ぶ方法とは?

「見積書は金額を見るもの」だと
多くの方が考えていることでしょう。

“見積書”なので金額が気になることは
当然なのですが、

リフォーム会社を決める際には

価格・費用を比べるだけでなく
「家の問題を解決したい!」
「こんな暮らしがしたい!」など

これから始めるリフォームついて、
こうしたい、こうやりたいといった希望や
悩みをリフォーム会社に伝えることで、
解決方法を提案してもらうようにすることを
おすすめします。

 

どの会社が提案してくれたものだったら、
自分の理想の暮らしに一番近づけるだろうか、
などと言ったことや、

対応の仕方なども見比べながら、
「この会社にお願いしよう!」と思える会社を
見つけるように心がけることが良いでしょう。

確かに見積書なので、
金額を確認することも大切ですよね。

ですが、相見積もりは、
料金を比べるのが目的なのではなく、
適正価格を見極めるためのものだ
ということを理解してください。

そして大切なことは、
その提案内容を比べるものだと考えた方が
思いのだと理解するようにします。

それは、価格は見えない部分でも
その差が有るものだからです。

同じ商品を使って同じ内容で
リフォームしてもらうとしても

決して同じ結果にならないのがリフォームです。

 

リフォームをする施工業者が異なる時には、
担当する職人さんの腕一つでも仕上がりが
異なってくることは当然有ることです。

見た目の仕上がりは同じ様に見えても、
施工する職人さんの経験が浅い時には、
見えてないところが雑になっていたり、
接着が甘かったりするかもしれません。

 

他にも、安く仕上げるために、
見えない部分の材料を減らしたり、
質を下げたりされてしまうかもしれません。

このように、リフォームは見えない部分でも
大きく異なってくるため価格は参考として考え、
信用できるリフォーム会社なのかという点を
重視することをおすすめします。

 

リフォームの見積もりをしたけど・・・!
感じよく断る方法は?

見積もりをする時に、複数社からの見積もりを
依頼するように言ってきました。

この様な相見積もりを依頼すると、
そのあと数社に断りの連絡をしなければなりません。

この断るということは、
そこに時間を費やしてくれたり、
真摯に向き合ってくれているほどに、

「担当者の方に断りの連絡」をすることは、
気が引けて言いづらいものです。

でも、かと言って、
曖昧な返事をしたり、連絡を伸ばし伸ばしに
することはかえって良くないことです。

 

リフォームを依頼する会社が決定した時には、
出来る限り早い段階で断りの連絡を
入れるようにしましょう。

この時には、心からのお礼をするとともに、
ハッキリとお断りの状況を伝えることが大切です。

断られた業者にとっても、ネットからの依頼だと
解って事が進んでいるのですし、
はじめから複数社からの相見積もりで

事が進んでいることは始めから解っていることなので
心配することはないものと割り切る必要があるでしょう。

こういったシステムこそが、ご説明させていただきました、
タウンライフリフォームの計画書無料作成サービス
なのです。

タウンライフリフォームの公式サイトは
下記の画像をクリックして詳しい内容を
ご覧になってください。
   ⇓ ⇓ ⇓

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ

皮下脂肪