ZEH(ゼッチ)住宅のゼロエネルギーハウスの太陽光見積りと相談が無料!


ZEH(ゼッチ)
って知ってますか?
ZEH(ゼッチ)は、ゼロ・エネルギー・ハウスのことで、

 

ZEH(ゼッチ)によって、電気代を無料にし、
 売電によって利益を得ようとするものです。

少し、詳しくいうと、
ZEH ゼッチ (ゼロ・エネルギー・ハウス)とは、

外皮の断熱性能等を大幅に向上させるとともに、
高効率な設備システムの導入により、
室内環境の質を維持しつつ大幅な省エネルギーを
実現した上で、再生可能エネルギーを
導入することにより、年間の一次エネルギー消費量の
収支がゼロとすることを目指した住宅です。
(経済産業省 資源エネルギー庁のホームページから引用です)

 

この中で言っている、
外皮とは、住宅の室内と外気が熱的に境界される
部分のことです。
具体的には断熱材が入っている壁・床・天井や
窓のことを指し、
そこから熱がどれくらい逃げていくのかを計算します。

少し理屈っぽくて、難しくなってしまいましたが、
要するに「太陽光エネルギー」を効率的に
使って、快適な室内空間を作って生活を豊かに
して行こうとするものです。

 

10月3日 あさイチの特番で
知ればお得!再生可能エネルギー
という放送がありましたね

それに依ると、太陽光発電の設置は
以前に比べると、現在では設置料金が当初と比べると
大幅に安く出来るようになった。

一方では、売電・電気をるる 価格も下がっている。
だけど、昔も今も、設備投資を回収する期間は
10年間と以前との差はない。

ソーラーパネルには寿命がある。

蓄電池は高額なのでつけない場合もある・・・
現時点では、日本全国では230万軒超が設置をしている。
人気があり、売電では申請しても約半年の時間が掛かる。

その時の文章を下記に引用させてもらいます。

太陽光発電を導入している家は、全国で230万軒超。中でもいま急速に増えているのが、自家発電と省エネを組み合わせることで、電気代が実質ゼロになるという住宅です。「ゼロエネルギーハウス」、略して「ZEH(ゼッチ)」と呼ばれています。建築費は通常の住宅よりも200万円前後増えますが、日中は、家で使う電気の大半は太陽光発電でまかなうことができ、余った電気は電力会社に買い取ってもらえます。取材したご家庭では、支払う電気代よりも、電気を売って得られる利益のほうが年間3~4万円多いそうです。

この様な内容が放送がありました。

今回は・・・、
ZEH(ゼッチ)について設置までの
過程を見ていきましょう。

 

 

 

ZEHを設置すると国から補助金が
もらえる!その条件と申請は?

 

今は、国でもZEHを進めています。
そんな中で、
環境庁は、2020年に新築住宅の50%をZEHにする
ことを目標に普及活動を進めています。

環境庁が組んだ2018年の概算要求62億円になります。

これらのお金は、
家主や工務店などに補助金として充てられています。

補助金額は、
一戸あたりの新築・改修に対して70万円(2018年現在)。
これは地域区分や建物の規模によらず、
全国一律で支給されるものです。

これに付属する、蓄電施設を設ける場合は、
蓄電量1kWhあたり3万円で、上限は30万円の
補助が受けられます。

この他にも、低炭素住宅と言われる、
省エネに効果のある素材・建材や、地熱・太陽光発電設備を
導入する場合には、20万円の補助金を受けられます。

 

これらの補助金を受ける補助の条件は、
「申請者が常時居住する住居であること」や
「専用住宅であること」などで、
賃貸住宅や集合住宅は補助の対象になりません。

 

補助を受けるためには、
ZEH認定ビルダーと言われる、工務店やハウスメーカーに
設計や建築を依頼する事が条件になります。
この様な事を見てくると、
この関係の専門家ではない私達からすれば、
何を、どうしたら良いのかさっぱり解りませんよね。

その様に思って全てを諦めてしまうのでは
もったいないことですし、
国でも環境庁が、
2020年に新築住宅の50%をZEHにする
と言われる中ですので、

この様な事を相談し、実現してくれる機関が
有るのです。

解らないこと、知らないことがあったら、
相談し、教えてもらえば良いのです。

それこそが、ソーラーパートナーズなのです。
>>太陽光見積りサイトNo.1【ソーラーパートナーズ】

 

 

ZEHの補助金を貰う条件について

 

補助金を貰う条件についてみていきます。
見ていきますが、ますます分かりづらく、
そんなものはもういらないやと思われるのだったら、
これ以降は見なくても、
ソーラーパートナーズに相談すれば、
全て無料で考えてくれます。

ZEH補助金の交付条件

ZEHの補助金が交付される条件は、以下の通りです。

・「ZEHの定義」を満たしていること。

・ZEHビルダーが設計、建築または販売を行う住宅であること。

・導入する設備は本事業の要件を満たすものであること。

・要件を満たすエネルギー計測装置を導入すること。

・既築住宅は、住宅全体の断熱改修を含み、
 導入する設備は原則として全て新たに導入すること。

こうなってくると、益々わかりづらいですよね。

ZEHビルダーというのがありましたが、

ZEHビルダーとは、

SIIにより認定を受けたハウスメーカー、工務店、
建築設計事務所、リフォーム業者、
建売住宅販売者等のことです。

 

そしてそして、
ZEHの定義」というものが有ります。

補助金の交付条件である「ZEHの定義」というのは、

・住宅の外皮性能は地域区分ごとに定められた
 強化外皮基準以上であること。
(外皮というのは、この記事の最初のあたりに出ていました)

・設計一次エネルギー消費量は再生可能エネルギーを除き、
 基準一次エネルギー消費量から20%以上削減されていること。
(難しいですね)

・太陽光発電システム等の再生可能エネルギーや
 システムを導入すること。

・売電を行う場合は余剰買取方式に限れられていて、
 全量買取方式は補助金の交付条件から外れます。

・設計一次エネルギー消費量は再生可能エネルギーを加えて、
 基準一次エネルギー消費量から100%以上削減されていること。

難しかったですよね。

こんなに難しいことは、皆んな教えてもらえば良いんです。
そんな時には、先程のソーラーパートナーズなのです。

 

ソーラーパートナーズを使うのは簡単で、
見積り依頼フォームから、連絡先と設置場所の
住所を入力します。

すると、設置場所を衛星写真から確認して、

入力情報をもとに、太陽光発電に精通した
ソーラーアドバイザーが設置費用・発電量などの
大体の見積りをお答えてくれて、

希望が有ったときだけ、
アドバイザーに正式見積を依頼すると、
要望に合わせて1~3社の認定企業が
訪問調査の上で正式見積を出してくれるというものです。

一旦、設置してしまえば、
ZEHの良いところを享受出来るのですが、
費用もかかってくるので、
よく見極めてから実現できるといいですね。

~~~***~~~
関連記事です。あわせてご覧ください。
太陽光発電の価値はある!?価格や効果やメリットはあるの?
太陽光発電の家庭用は見積もりを正しく取りたい!

人気の記事です。
太陽熱温水器はこんなに良いものだったと見直した!

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ

皮下脂肪