断熱と気密で内断熱と外断熱はどっちが良いか

最近の家は断熱・機密性がどんどん良くなってきています。
その結果として、冷暖房効率が格段に良くなっています。

一方で気をつけないといけない事は、
家の中の風通しが悪くなって湿気がこもり、
ダニ・カビ・アレルギー結露しやすいといった問題も
出てきます。

 

ダニ

 

内断熱と外断熱の二通りの方法の良い点・悪い点は・・・

 

完成した住宅の性能は断熱性・機密性によって
住環境が大きく変わってきます。

家を建てる時には、大きく分けて内断熱と外断熱の
二通りがあります。

例えば壁の部分を見てみると、
内断熱は柱と柱の間に綿状の断熱材を詰め込み、
外断熱の場合は柱の外側に板状の断熱材を貼り付けます。

 

 

内断熱と外断熱の特徴を見てみますと下記のようになります。

~~~内断熱と外断熱の特徴~~~

内断熱の特徴

・工事費が外断熱より安い
・施工がしやすいし外壁が厚くならない
・構造体と断熱材の接地面に隙間がある
・断熱材は柱や間柱の隙間に入れられる
・建物の軸組や構造材の部分は全く断熱されない
・軸組や構造材に湿気ができることもある
・部屋ごとに温度差が生じ
・建築コストは一般的
・構造体が直に温度の影響を受ける
・室内の気温が外気温の影響を受ける
・水蒸気が断熱材を浸透し壁の中に結露が発生
[デメリット]
・施工が悪いと結露が起きやすい
・気密性は外断熱よりは悪い
・コンクリート造か木造かによって差がでる

 

外断熱の特徴とメリット

外断熱の特徴としては、施行が簡単で施工した結果も断熱ラインが不連続にならないし、隙間をなくすことが簡単にできることで、高気密化が達成されることから結露の原因となる温度差が生じないといった事が期待できる。

・住宅をすっぽりと断熱材で包み込む工法
・梁・柱・屋根など全てを断熱材で包む
・構造体は室内と同じ温度が維持され、結露の心配がない
・カビ・ダニの発生を防げぎ人体にやさしい住宅
・小屋裏も居住空間に利用できる
・断熱材は外壁仕上げ材のすぐ裏に設置される
・防湿性が高い
・小屋裏収納、ロフト、吹抜など大空間が実現
・柱などの構造体が保護されて痛みにくい
[デメリット]
・工事費が多少高い
・外壁が厚くなるので、敷地廻りに余裕がほしい
・断熱材の上から外壁材を留めるので、地震などの時多少不安
・高気密高断熱になりやすいので換気計画が必要
・調湿作用と熱容量が増加し、住み心地の質の向上に役立つ
・壁の中を配管、配線として利用できる
・構造体内部の換気ができる
・雨や湿気の侵入が防げる
・床下浸水をしたとしても処理が簡易で被害が少ない
・床下、壁の中、小屋裏などの点検が簡単にできる
・構造材が乾燥状態を維持でき耐久性が高まり、資産価値がます
・分離解体、リサイクルが容易である

 

 

家を守る断熱と気密は断熱ラインの違いで大きく違う

 

外断熱と内断熱は、断熱ラインに違いがあります。

下記の図によって“断熱ライン”にの違いを知ってください。↓

外断熱と内断熱

 

断熱ラインを見て解るように、外断熱の断熱ラインでは、
基礎、壁、小屋裏の外側を結んだところにありますので、
床下、壁の中、小屋裏のすべては屋内に取り込まれているので、
居室とほぼ同じ環境になります。

 

同じ様に、内断熱のラインを見てみますと、
居室の床、壁、天井結んだところにあります。

 

この為に、ラインの外側にある床下と小屋裏や外周の土台と柱は、
外部と同じ環境に置かれることになることが解ります。

 

この様に、内断熱の家では、屋内に断熱されている部分と、
されていない部分とが混在している事になります。

家の断熱性能の善し悪しは、断熱材の性能以上に、
断熱ラインが機密性を加工しつつ構造体の外側を
連続するか否かによって決まるのです。

 

どんなに優れた断熱材を使ったとしても、
隙間や断熱の途切れるところでは、断熱性能がゼロに近いわけですから、
単に熱損失の問題だけではなく、結露の発生や雨水の侵入を
もたらすことになりかなり危険な状態に有るといえます。

極端な言い方をすると、内断絶の家づくりは、
最初からその事に無頓着であり、無知であったともいえるのです。

 

断熱材を詰め込むだけでは、気密性を確保できないということになり、
この点では外断熱工法は最初から断熱と気密との両立が成り立っています。

内断絶では、断熱材を隅々まで気密が高まるように隙間なく詰め込む事は、
実際の工事の上で隙間無く詰め込む事は難しいことです。

この様なことから、相当に努力しても結果として、
「中気密」程度の性能加工するの精一杯なのです。

 

外断熱の良い点は、床下、壁の中、小屋裏にも結露が生じるような
温度差ができないことです。

この結果から、家が腐る心配がなくなり、住み心地の質が内断熱の屋外では
比べ物にならないほどに向上するのです。

“外断熱”が選択されることによって、木造軸組みの家は、
多くのメリットと素晴らしい住み心地を得ることが出来るようになったのです。

 

 

計画を無料で111

 

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ

皮下脂肪