夢を叶える家の発注先は!住宅メーカー・工務店・建築家?

家を建てたいと思ったときに最初に思いつくのは、
ハウスメーカー・工務店・建築家 でしょう。

自分の家づくりの希望をかなえてくれる依頼先は何処でしょう。

そこで、建築家、ハウスメーカー、工務店の3つについて
その特徴やメリット・デメリットを比べてみました。

 
住宅展示場

 

家づくりの依頼先の選び方

 

家づくりの希望を叶えてくれる依頼先の選び方
それぞれのメリットとデメリットを確認しよう。

 

私たちが、家づくりを考えた時の依頼先は、
建築家、ハウスメーカー、工務店の3つが中心に
なるでしょう。

この3つの依頼先には得て不得手があるものです。

 

そこで、自分の希望がまとまったら、その実現のために
どこが一番合っているのかを考える事は最初に必用です。

 
この時点で、気をつけたい事は、
「自分に希望」がしっかりと決まっていると言う事です。

 

自分は何がしたいのか決まってなくて、
ただ「家が欲しい」だけで住宅展示場などに足を運ぶと
行った先のそこが自分の理想郷だと
勘違いしてしまいがちになります。

 

そこで、それぞれにメリットとメリットがある会社選定のための
指針になる、我が家の家づくりに合った依頼先を
選ぶ必要があるのです。

 

ハウスメーカー・工務店・建築家の特徴を知る

 

先ずはこの三者の概略を見てみると・・・

家が兎に角早く欲しい人や、
基本プランに好みをプラスする程度でよいなら、
ハウスメーカーの得意とする規格住宅やセミオーダー住宅が
おすすめです。

 

多くのメーカーでは、色々なサポートまで親身にしてくれる所
もあります。
例えば住宅ローンについてなどは得意とする所でしょう。

 

ただし、ここの弱点は、あらかじめ決まった基本設計があるために、
変形地であったり狭いような土地などには対応が出来ないでしょう。

 

あなたに、こだわりが強くあって、世界に一つだけの家に済みたいとか、
兎に角オリジナリティー性を期待するのであれば建築家に
限るでしょう。

 

建築家に依頼すると施工に対しても万全なチェックも
してくれる代わりに注意す売る事は、施工と設計が別なので、
施工会社の選定であったり、工事契約が別に
必要となることです。

 
あなたが地元に長く住んでいたりしている場合には
工務店に依頼すると、
地元ならではの細かいフォロー受けることが出来たり、
建築コストの面でも、他と比べて安くなることが多いようです。

 

工務店の弱い所としては、提案力に欠ける傾向が
あることでしょう。

 
いわゆる大工さんが地元でやっているような感覚が強いので、
施工方法や材料の選択肢も狭いことが多いケースがあります。

 

住宅メーカー・工務店・建築家の特徴を表にしてみました。

住宅メーカー 工務店 建築家
安心できるパートナーが欲しい
家づくりに不安を感じている人
信頼できる相談相手が欲しい慎重派には大手ならではの安心感が
技術面でも信頼度が高い
コストを抑えて家を建てたい
予算は抑えめで、地元の業者で
安心感のある家づくりをしたい
・地域重視派の人にはおすすめ
工務店の魅力はコスト面
地元ならではの利便性
メンテナンスで安心感
変形地に家を建てたい人
変形地を既に購入済みの人。
通常のプランでは敷地に無駄が・オリジナリティーの高い住まい
ライフスタイルにぴったりの、
世界でたったひとつの住まいが手に入る
  メリット
・工期が短い
・さまざまなプランから選べるデメリット
・工法が限られる
・部材の仕様に制限がある 
   メリット
・地域密着型ならではの安心感
・相談しやすく、コストダウンも可デメリット
・工法が限られる
・デザイン性がイマイチなことも・・・
  メリット
・変形地や低予算にも対応してくれる
・オリジナリティーの高いプランが期待できる
デメリット
・完成までに時間がかかる
・施主にもエネルギーが必要

 

ここからは、建築家、ハウスメーカー、工務店の違いを
もっと詳しく知っていきましょう。

 

ハウスメーカーは安心感が一番!

 

なんといっても、大手メーカーならではの安心感とスピード感が・・・。

マイホームを建てると言う事は一生に一度の高価な買い物!

そこで家づくりに安心感を与えてくれることに於いては
大手メーカーならではのものでしょう。

 
大きなメリットの一つにしては、
メーカーにはすでに用意されていることも有って、
プランニングの時間や工期が短く出来る事もよい点でしょう。

 

多くのこだわりが有ったり、煩わしいことの嫌いな人は、
ハウスメーカーは良い選択となることでしょう。

 

ここで気になる方は気になる部分に、
すべては基本プランに沿って完成に至るので、
部材の仕様やプランがある程度決まっていることです。

 

この様なことから、自分の予算であったり、
敷地が変形な物であったり、
狭すぎるときには対応できない場合が有ります。

 
住宅展示場に行って安いと感じたものでも、
あれもコレもとオプションを加えていったら、
高額なものになってしまったと言う事が好くあるようです。

 

あれやこれやといって来ましたが、
会社によっては受けられるサービスも一杯ある事も魅力でしょう。

 

土地探しから始まって、資金計画や住宅ローンの説明、
家の完成後の引越しのサポートまでしてくれる事も有ったりして、
安心して家づくりが進められるのはハウスメーカーのよいところです。

 

 

家

 

工務店のよいところは地元密着の安心感

 

“メンテナンスはお任せ”コレが工務店の強みです。

 

コストが比較的かからずメンテナンスも任しておける、
工務店は地域密着型の会社が多いため、
コミニュケーションが取りやすく、
完成後のメンテナンスもしっかりフォローしてくれなど安心感が一番。
リフォームや増築などの相談も気軽に頼める可能も有ります。

 

 

また、設計料が工事費に含まれることが多く、
比較的安価なのも魅力となっていますが確認が必用です。

 

予算が限られている方に色々とフリーな立場で
相談に乗ってくれることが多くお勧めの建築方法となることでしょう。

 

 

この事は裏を返せば、保守的な面が有り、
専任の設計スタッフがいないことも多い場合が有り、
自分で意図した近代性に疎い面があるなど、
近代的な出来上がりやデザイン性に
こだわりがある人には不満が残るかも。

 

 

こだわりを持った家づくりやオリジナリティーを持っているような時には、
具体的なプランや設備の希望など、
施主としてが積極的に設計などへの参加する態度が求められます。

 

 

また、ハウスメーカーほどの工法には限度があるとこが多く、
在来的な大工さんとしての技量に頼っていることも有すので、
契約前にはしっかりした確認をしておくことが必要です。

 

 

計画性を持つ

オリジナリティーを表わすのはなんといっても建築家!

こだわり抜いた世界で1つの家を建てたいと思ったときは“建築家”に
依頼しての家つくりはどうでしょうか!

 

時間も手間もかかる反面、自分に合わせた生活を実現させてくれる
オリジナリティーの高い住まいがあなたのものになることでしょう。

 
ただ、こだわりが有るからと言うだけでなく、
手持ちの土地がすでにあって、一般的な住宅では建てることが
難しいようなときであっても、その敷地にあったプランを
提示してくれるのも建築家ならではの出番なのです。

 
土地が狭いとか、密集地であったらり、
敷地そのもに問題を抱えている時であっても
あなたの望みをかなえてくれるのが建築家なのです。

 
ただ、この様に建築主の希望をかなえて、
満足を与えてくれる存在だけに、人気のある建築家は
直ぐには設計に取り掛かれないなどの事も考えられるのです。

 

建築家だからといって、すべてをお任せでは、
折角の能力が発揮しきれないことも有ります。

 

それは、あなたの希望や願望があって初めて
その秘めた能力を発揮してくれるのだということを
認識しておくことです。

 

この様にあなたの家に対する知識も要求される事も出てくるでしょう。

 

何処に発注するにしても、依頼するにしても、
あなた自身の建築に対する一般的な知識と能力が
結果的に素晴らしい家を手にすることが出来るのでは無いでしょうか。

あなたにとって素晴らしい家を手にすることが出来ますように・・・。

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ

皮下脂肪