注文住宅|建売住宅|徹底比較してみたその結果は!?

家が欲しい! その時の悩みに一つに
家を建てる「注文住宅」か
家を買う「建売住宅」かということでは無いでしょうか?

注文住宅と建売住宅、そこにはどんな違いがあって、
どっちが、「得する人・損する人」か、それはどうして?
注文住宅と建売住宅

 

注文住宅と建売住宅では対照的な面がある

同じ家でありながら、注文住宅と建売住宅では様々な面で
それぞれに対照的な面が内在しています。

 

それぞれのメリット・デメリットがハッキリしているといえます。
好きな土地を買って、そこに好きな家を建てたい!
その様に思って、それを実践して行く人もいるでしょう。

 

でも、一方では、煩わしい事は好まないので、
安いし早く住みたいし・・・っていう人もいるでしょう。
でも、注文住宅と建売住宅この狭間で色々と悩む人も
また居る事でしょう。
そこで、この注文住宅と建売住宅での比較検討を
していきたいと思います。

 

とかく注文住宅業者で有ったり、
建売住宅業者であったりすると、“業者目線”で考えて
しまい勝ちでしょうが購入者目線で見て行きましょう。
物事にはメリットが有り、
そしてまたその裏返しのデメリットが有るものです。

 

少し個々に見て行くことにしましょう。

 

土地について

 

注文住宅に於いては、自分ですでに持っている土地に
建てられますし、好きな土地を選択して、
その場所に自由な家を建てられるでしょう。

 

また、今すでに持っている家があって建替えをするときは、
注文住宅以外の選択肢が無いので注文住宅を建てることになるでしょう。
でもここで以外に苦労する事は、
自分の希望する土地が中々見つからないこともあるのです。

 

駅に近い場所が欲しかったりすると、高価で買えなかったり、
見つけた土地の大きさや形状などで苦労したり、
自分の理想とする土地を見つけると言う事自体が簡単では無いのです。
一方では、建売住宅の場合では、
当然ですが、すでに土地があって、その上に家が立っているのですから、
家が気に入りさえすれば、直ぐにそこに住むことができるのです。
また、購入する時の事で気を付けないといけない事は、
ローンで購入する時に、最初に土地購入でローンを組んでしまうと、
こんどは家のローンを組もうとしても可能性が
なくなってしまうことがあることです。

 

この点では、建売住宅の時には一括で購入するので、
ローンで苦労する事は無いのでこの点では安心でしょう。

 

 

自分の好みや設計・仕様の事では・・・

注文住宅と建売住宅では自分の意思はどの様にかなえられるのでしょう。

注文住宅の場合には

当然ですが、注文住宅の時には、自分の好きな事は全て盛り込んで
家の設計段階から要望を全て盛り込んで建てることが出来ます。

 

クリヤーしないといけないことは“法律と予算”だけです。

 

後は家のデザインであったり、自分のライフスタイルの合ったものでも
趣味や特殊な設計でも反映でき、自由にどんなに個性的なグレードの
家でも立ち上げることが出来てしまいます。

 

こうなると時間とお金は際限ないくらいに掛かってくるでしょうね。

 

建売住宅の場合には

昨今の建売住宅でも時代の要求にマッチしたデザインであったり、
機能性は有る程度満足の出来るものが多いようです。

 

但し、間取りであったり、全体的な仕様については、
見た目でおしゃれで、その地域にマッチしていて、
“汎用的”であることで、出来る限り誰にでも好かれようとした
内容になっています。
この事は、家が建ったら、出来るだけ早く売りたい為です。
ここで個性的過ぎるデザインや間取りのものを作ってしまっては、
買って貰えるお客さんが限定されてしまいますからね。
建売の場合には、家を建てる為には土地を用意し、資材をつぎ込み、
人件費をかけて作っていくのですから、
スピードが第一で、販売でもたもたしている時間は無いのです。

 

一刻も早く売って、次の物件に取り掛からないといけないのですからね。

 

注文住宅と建売住宅の価格差の比較

 

注文住宅と建売住宅は似て非なるものといえるので、
単純にその価格を比較することにはむりが有りそうです。

 

単純にただ価格の比較をすると、建売の住宅は圧倒的に安いでしょう。

 

これは、先ず土地に於いては、非常に有理に購入することが出来てしまいます。

 

業者間での取り引きが出来ますし、
個人では考えられないような広大な土地を仕入れて、
そこに何軒もの家を一杯建てていくことが出来てしまいます。

 

また、家を何軒も一緒に建てることで、
設計に掛かる費用や、同じ様な家を建てることで、
共通建材を使うことで、資材・材料費を一括仕入れできるので安く出来ます。
建売住宅では売りやすい状態を維持するために、
高級な建材や設備や内装は使われず、量産品の価格の安い建材を
使うことが多く、平均的な内容に留めようとするでしょう。
同じ様な設計によって、職人さんもなれて、作業は簡単になり、
施工の期間も短縮できて、工期が短くなって来ます。

 

この様に全ての項目で立った一軒の住宅を建てる時よりも
安く早く仕上げて、後は広告宣伝をして利益を乗せて売り出すだけです。
建売住宅の場合は基本的な住宅部分のほかの、床暖房だとか、
網戸やカーテン類、テレビアンテナは標準では付いていないでしょうが、
注文住宅であってもそれらを追加すればそれなりに代金が買ってくるので
これらについてはどっちが有理だとかは無いことでしょう。
この様な結果として、その家が自分の感性に合致したものであれば
安く手にすることが出来るようになります。

 

手にするまでの期間については

この様に見てくると解るように、
建売住宅はそこに有るものをただ「買う」だけですから、
直ぐにでも住める様になるわけです。

 

また、建売住宅では建築確認申請費、地盤改良費用はもとより、
設備接続工事はすでに組み込まれていて特別な費用は掛かって来ません。

 

注文住宅であれば、どんなに最短に建てたとしても
少なくても半年や1年近くは掛かってしまうのでは無いでしょうか。

 

ましてまだ土地が決まってないような時には、
土地を探す期間がかかってきます。
例えば建築前に借家住まいであったとしたら、
建築期間に合わせて借りていないといけないわけで、
借家の更新期間を延ばすことになる等は大いに起こりえることです。
建売ならただ選んでかうだけで解決してしまいますが、
注文建築の時には、色々な交渉を重ねたり、打ち合わせをしたり、
自分としての意思決定を繰り返して決めていくことになります。

 

これは、大変な苦労では有りますが、
反対にそのこと自体を楽しめるようなときには完成までの工程を
大いに楽しんでみることです。

 

この様なときこそが家づくりの醍醐味だと思う人もいるでしょう。

 

 

注文住宅か?建売住宅か?

 

それぞれの特徴などを比較しながら見てきましたが、
住宅そのものに強いこだわりが無かったり、
早く入居しなければならなかったり、
予算的な部分での余裕が無い場合には、建売住宅がお勧めで、

予算や時間に余裕があり、こだわりを多く持っていいるときには
注文住宅を建てるべきでしょう。

 

 

注文住宅、建売住宅のメリットデメリット まとめ

 

長くなってしまいましたので解り辛いことがあったと思います。
そこで最後にまとめて表にしてみます。

注文住宅 建売住宅
メリット メリット
建物の構造や間取り、設備、内装が希望通りに出来る
希望どおりの家を建てることができる
ライフスタイルに合った理想の間取りを決められる
キッチン、お風呂、トイレなどの設備を選ぶことができる
ハウスメーカー、工務店など施工会社を決められる
予算を調整できる
工事の経過を見ることができる
工事現場をチェックできる
家を建てるということを楽しめる
将来のことを反映させた間取りにできる
竣工までの過程を詳細にチェック出来て
自分の家という満足感や充実感がある
すぐに入居できる・スムーズに購入
購入手続きが簡単
資金の流れが比較的単純
仮住まい費用が少なくてすむ
土地探しが不要
注文住宅に比べて価格が割安
価格が明確
敷地境界が明確
実際の建物を見てから購入できる
住んだときのイメージがわきやすい 

 

 

デメリット デメリット
図面でイメージしていた家とは違うことがある
土地も探さなければならない
打合せなどにより、入居するまでの期間が長い
予想外の費用が発生することがある
建売住宅に比べて金額がアップしやすい
画一的な建物になりがち
多くの時間を割かれる
予算オーバーになりがち
土地・建物を別々の購入は融資が難しい
資金計画が繁雑になりがち
理想の家づくりを楽しむことができない
工事の経過、内部構造などを見ることができない
手抜き工事が心配である
間取りや設備などを自分好みにできない
工事状況に不安が残る
隣家との間隔が狭くなる場合が多い 

 

 

最後までご覧頂き、ありがとうございました。

家を建てる上であなたの参考になってもらえるますように・・・♪

家作り・小222
タウンライフ家づくりで注文住宅の間取り作成
 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ

皮下脂肪