こんな家が欲しい!こんな家は欲しくない!?発想の転換を・・・

家を建てたい!家を買いたい!
こんな時は欲しいと思う家に対する理想がどんどん高まっていく時でしょう!

そこにお金という現実が加わってくることでしょう。
そんなときにどんな方法で解決をしますか? 考えて見ましょう。

 

理想のマイホーム

 

家に対する期待感が高まっていく

 

家が欲しくなった時には当然ですが、
その家に対しての期待や理想や夢が大きく膨らんでいきます。

 

広いリビングが欲しい
自分の書斎が欲しい
吹き抜けのある明るい家が良い



キリが無いほどに欲しい形が膨らんでいくでしょう!

欲しい家

そして・・・
住宅展示場をはじめ現地見学をしたり資料を請求したりして
比較検討を始めるでしょう。

 

実は、この時期が「一番楽しい時期」かもしれないのです。

 

 

現実が加わってきた・・・

 

多くの住宅の様子を知ると共に、色々な“現実”が加わってきます。

 

まだこの時点では、折角のマイホームなのだから・・・
だからこそ“妥協”はしたくないという影が見えてくることもあるでしょう。

 

ここは公園もあって静かな雰囲気が気に入った。
でも駅からは遠過ぎて心配だし、ショッピングにも不便そうだ。

 

駅には近いし、ショッピングにも便利で良い、
しかし車の通りが多いし、騒音が気になる。

 

理想が遠い家

妥協はしたくない、したくないから理想からは離れていく!

 

 

妥協も無く、理想を追い求めていくほどに、
肝心の“物件”が遠のいていってしまう。

 

たまに、ココならばと見つかった家は高すぎて手にする事は無理だった。

 

 

どうしたらいいのでしょうか?

 

解決策は有ります・・・!

 

それは、
最初の理想が高すぎたからです。

 

最初は何も知らずに、ただ単に自分の理想を掲げていたからです。

不動産の現実を知った今からが、本当の家探しになるのです。

 

でも・・・

そうなってくると今度は、
ドンドン理想から我が家が遠くなるようで辛くなってくるでしょう。

 

あんなに楽しかった、家探しが苦痛に反転してしまった、
なんてならないように気持を整理して見る事が必要です。

 

その方法は・・・

考え方を、間逆にしてみるのです。

 

こんな家が欲しい!  から・・
こんな家では絶対に嫌だ! に・・

発想の転換」をして見る事です。

 

リビングが広くて吹き抜けのあるものが欲しかったけど、
家中に音が聞こえてうるさいし、冷房・暖房の効率が悪いから要らない。

とか、

駅に近いと便利だけど、うるさいし狭い土地しかなかったから
少し遠いことで楽しみだった庭が手に入った。

 

 

こんなことで、あなたのマイホームが完成できる結果になったとしたら
嬉しいじゃ有りませんか。

 

理想はこれから家族と共に築いていける一番大切なものでしょう。

 

家を考える時には出来る限り、同じ条件での見積を取ることをすると良いものです。
多くのハウスメーカーの資料が手に入ることで比較検討が出来ますからね。

 

 

住宅展示場を回らなくても、多くのハウスメーカーからネット上から、
同じ条件での見積もりや間取りプランが無料での回答が一回で貰えます・・・♪
↓  ↓  ↓


タウンライフ家作りの詳しい説明は
>>ココをクリック!

無料での間取り図やパンフレットなどの取り寄せは
>> タウンライフ家作りで簡単に・・・♪

サブコンテンツ

このページの先頭へ

皮下脂肪