理想の家!現実の狭間で考えることは・・・

家を建てたいと思ったときには当然
理想のマイホームを思い描くのでないでしょうか。

では、あなたのマイホーム像ってどの様なものですか?

 

理想のマイホーム

 

あなたはこれからマイホームを購入したいと
思っているのでしょうか?

 

そのときには折角購入する家なのですから
何の妥協もしないで自分が夢見た“理想”の家にしたい!
そう思っていることでしょう。

 

いま現在のあなたの年齢に関係なく、
家を建てた後の生活のおいて一番長い時間を
過ごしていく環境を手に入れるのですから自分で納得できる
住環境を手にしたいのは当然ですよね。

 

注文住宅がいい
広い家が欲しい
高気密・高断熱がいい
全館床暖房がいい
ソーラー設置の家がいい
屋上や広めのバルコニーが欲しい
綺麗で使い勝手のいいキッチンがいい
自分だけの書斎を作りたい
自然素材をたくさん使った健康的な家が欲しい
駅から近くてショッピングがしやすい場所が欲しい
密集地でなく眺めの良い所がいい

 

こんなことを考えていませんか?

 

家

 

でも考えてみてください・・・
「駅から近くてショッピングがしやすい場所でしかも
密集地でなく眺めの良い所がいい」

そんなところは有り得ないことです。

 

理想は理想として収めておいて現実に沿った
自分の理想に近い状態をよしとする気持です。

 

ここで一番の問題として出てくるものが“予算”です。

 

あれもこれもと欲しい内容をすべて加えてしまうことで、
住宅ローンを組んだ後で生活そのものが
ボロボロと崩れ去って行っては、折角のマイホームを手にしても
生活の理想は成り立っていかなくなります。

 

予算を考えると現実には無理も沢山出てくるでしょう。

 

この時の考え方として、
100%満足な家なんて有り得ないと思うことです。

 

妥協するのではなくて、
あなたの理想の思いの中で一番大切なものは何だろうと考えて、
そのいくつかを選べればそれが最上の選択になると思うことです。

 

予算を考えると・・・

これは無理だ
ここは妥協しよう
買えれば何でもいいや

こうなってしまっては折角の家づくりが台無しになってしまいます。

 

 

予算だってあることですし、
それがあなたにとって60点の家であったり、
80点の家だって良い所を探し出してポジティブに考えると
また、家づくりが楽しくなってくるものです。

 

予算や自分の想いを形にする上で誰かに相談する事で
良い参考例が浮かび上がってくるものですよ。

困った時には一度相談されてみてはいかがでしょうか。
>>タウンライフ家づくりプラン作成

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ

皮下脂肪