家を建てるって難しい!通勤時間も大切な要素だ!

持ち家はあったのですが・・・
気に入った家でした。

郊外のまだ静けさの残る立地は気に入っていました。
でも家を買い換えることになったのです!

 
家を建てるって難しい

 

家を買う事の難しさってあるのですね・・・

 
買い替えの原因は離婚でもなければ、
転勤でも有りませんでした。

そこはマンションでしたが入居してまだ5年しか経っていませんでした。

 

買い替えの原因は“痛勤”でした。

 

通勤が辛くて毎日が憂鬱でしたし、
子ども達も大学に行くことになって便利な所となったのです。
年を取るにしたがって、勤務先では管理職になったこともあって、
仕事がより忙しくなって終電になる事も多くなって、
郊外の駅からはバスもなくなってしまう時間帯でタクシーを
使わざるを得ない状況になったのです。

 

帰りが遅くなるは、経済的にも負担は増えるということで
タクシーを使わないときは奥さんが来るまで迎えに行くのですが、
毎日となるとそれは辛いこととなって、
いさかいも増えて喧嘩の種となって行ったのでした。

 
こうしたことが有って、
折角のマンション購入が結果的ではあったのですが、
間違っていることとなってしまったわけです。

マンション
家族で話し合って、もう少しでも都会に近く、
会社に近く、学校にも近くという話し合いの結果として
それに見合うマンションに買い換えることが決定したと言う事です。

 

でのそこの場所は傍目からは決していい場所には思えない所でした。
高速自動車道がすぐ脇を走り、高架の鉄道も走っていたのです。

 

でも本人は満足していたのです。
家を購入するって本当に難しいことなのですね。

 

一家の生活状態の将来の動きやどんな仕事状態なのか
色々と総合的な見方が必用になることを教えてくれているようです。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ

皮下脂肪