家づくりで大切な4つの契約とは?注意点は何か!

「家を買う」それは大きな“契約”から始まります。
その契約で失敗しないためにどうしたらいいのでしょうか?

それは、「サインは最後の最後に」という事です。
その内容を見ていきます。
契約書のサイン

 

家づくり関係の4つの契約とは

家づくり関係の4つの契約とは
家を建てることが決まって、進めて行く中では
重要な“契約”が出てきます。
土地を購入したり、工務店との取決めをしたり・・・、
色々な取決めごとが出てきますが、
それを法律で成立することを契約といいます。

 

どんな契約でもそれぞれの内容に納得できるかどうか、
急がず慎重に進めることが大切でサインをしたり、
印を押すのは最後の最後です。

 

家づくりに関係する契約は4つある

家を建てる時に必要な契約は次の4つの契約があります。

「土地売買契約」
「建築設計・監理業務委託契約」
「工事請負契約」
「金銭消費貸借契約」

土地売買契約」とは、
土地を売る側と買う側で交わす契約でが、
不動産会社が仲介して契約することがほとんどです。

 

土地の所在地と面積を明確にし、
売買契約、支払い条件、所有権移転登記の時期、
どちらかの都合で解約になった場合の処置などを取り決めます。

 

建築設計・監理業務委託契約」とは、
建築士事務所に設計を依頼する場合に、
建築士事務所と建て主が交わす契約です。
建物の形を図形に起こす設計作業、
工事費見積もりのコスト管理、
工事の図面通りに行われているかどうかの工事管理などが主な業務内容。

 

2008年に建築士法が改正され、重要事項説明などが義務付けられたので、
契約時にしっかり確認してください。

 

工事請負契約」とは、
工務店やハウスメーカーと建て主の交わす契約です。

工事内容、請負代金の金額、工期、支払い条件などの取り決めで、
契約時には図面や仕様書が添付されます。
金銭消費貸借契約」とは、
住宅ローンを申請して融資が決定になった後で金融機関と結ぶ契約です。
この外にも、契約書の中には、
「重要事項説明書」「設計図面」「確認申請書」
「地盤調査資料」などが有る事があります。

 

どの様な契約書にしても、
一度締結してしまうと、解約するのはかなり困難なことになりますので、
どんな契約を結ぶことになるのか、関係書類をしっかりと確認して
置くことが大切です。
契約書の中で特に確認しておく事は、以下のようなものです。

 

家を建てる所在や土地の面積、建物の概要など

諸手続の期限

契約解除や契約不履行があったときの取り決め

ローン特約など特約がある場合にはその内容

中古住宅の場合などのときの、設備や備品の取り扱いについて

瑕疵担保責任といわれる、欠陥や不具合があった時の対応

特記事項

 

 

建売住宅や中古物件等の場合の「購入申し込み」は契約ではありません

「購入申し込み」は単に「買いたい」という意思を表明するだけのもので、
その意思表明に基づいて、売主と買主が細かな条件を話し合い、
合意できれば正式に売買契約を結ぶことになります。

 

ですから、購入申し込みは「売買契約」ではありませんので
誤解されがちな点ですので確認しておくと良いでしょう。
購入申し込みは、契約ないので、当然撤回することができますし、
申込金を支払っている場合にも、原則として全額返還されます。

 

営業マンに急かされたりして、安易に申し込むのではなく、
自分で納得をし検討を重ねた後での申し込みをする様にしたいものです。
このように家づくりでは、完成するまでに複数の契約が関わり、
一つとしておろそかにはできません。

それぞれの内容確認し、納得した上で判を押すようにしてください。

 

 

詳細な調査を完全に済ませてサインは最後の最後に

ハウスメーカーでお世話になって家を建てる時には、
設計を始めとして様々な面倒を見てくれることになりますが、
その事にまかせっきりにしてしまってはいけません。
時としてハウスメーカーでの話を進める段階で、
担当営業マンは立て主との契約が成り立って始めて自分の成績となる事もあって、
どうしても契約を急がせる傾向にあります。

 

ですが、まだ詳細な打ち合わせをしていないうちに契約に進んでしまうと、
後で取り返しのつかないことにもなりかねません。
ハウスメーカーでの家づくりの流れでは、早い段階でラフプランと概算見積が出され、
大体のメーカーでは「細かい内訳は契約の後にしましょう」となってしまうことが多いのです。

 

“契約”をするのに、「細かい内訳は契約の後にしましょう」等はもってのほかです。

 

 

この様な段階で契約をしてしまうと色々と問題が出てきてしまう事になります。
家を建てるという中には、最初の段階では気が付かなかったことが多く出てくるものです。

 

建物というものは本体工事以外に付帯工事がありますので、
この分の工事費が後で変わったり、オプション仕様も加算されたりすると、
契約時の額を大幅に上回ることも往々にしてあるものです。
ですから、細かい打ち合わせをせずに契約し、
あとから「こんなはずではなかった」と言っても手遅れとなってしまうのです。
このような事態にならないためにも、
「契約は、細かい打ち合わせのあとにします」とはっきり伝えましょう。
書類作成などの費用を請求されるかもしれませんが、
契約後にその後を引いてもらう交渉をすればいいわけです。

 

この家なら立ててもいいと納得できてはじめて、
契約はするべきものだという事をしっかり認識しておいてください。
家を建てる、購入すると言う事は大きな大きな買い物ですから、
家族や自分でとことん納得できた時に、初めて契約をし、
書類に判を押すことが肝心です。

 

 

家作りで“契約”に至るまでには多くの事を決めて行かなくては成りません。

大変な事も多くあるでしょう。
そんなときには参考になるかもしれません。

 

下記の画像をクリックして参考になさってください・・・♪
家作り・小222

 

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ

皮下脂肪