キッチン、水回りの配置と機能性で考える事は?

生活のして行く中で、家の中でもキッチン|水回りといわれる
浴室を始め、洗面所やバストイレは家族が頻繁に使う
場所ですのでその機能性が求められる所です。

 
キッチン・水回り

 

水回りを集中させると環境に良い

「水回り」には給排水の配管が多くあることで
間取りを作る時には全てをコンパクトにまとめて配置すると
工事がし易く、工事費も安くなります。

 

水回りには排水も集中するので、その工事も楽になり、
トラブル時の解消にも役立ってきます。

 

また、給排水の音の発生源となるのですが、まとまった場所に
有ることで静かな環境が必要なリビングや寝室の音に対する
対策が立てやすくなります。

 

 

色々あるキッチンはライフスタイルに合わせて選ぶ

 

キッチンには、クローズド・セミオープン・オープンの3つのスタイルと、
アイランド型・L型・U型・I型・・・等の基本のレイアウトあります。

 
キッチンのレイアウト例

 

それぞれのスタイルには、それぞれのメリット、デメリットが
ありますから、自分達のライフスタイルや使い勝手にあわせて
選ぶようにしましょう。

 

クローズドキッチン」といわれる、
他の部屋から完全に独立させたスタイルも有りますが、
いまは独立した面積を必要とすることや流行などで
どちらかというと少数派になっています。

 

独立したキッチンは匂いや油煙、音などが漏れにくいことが有り、
本格的に料理をしたい時には人気が有りものです。

 
オープンキッチン」は、
キッチンとリビングダイニングを仕切らないスタイル。

 

家族で調理をしたり、調理をしながら来客との会話が楽しめることや、
家族とのコミュニケーションが取れやすいキッチンです。

 

良く子どもやお年寄りの様子を見ながら作業が出来るいわれて、
人気のある方式になっています。
この方式では、キッチンが丸見えになるので、
片づけやすい収納や、音や匂い、排気等の配慮が必要です。

 
セミオープンキッチン」は、
キッチンとリビングダイニングとのあいだの壁に開口部を設け、
適度に仕切ったスタイルです。

 

キッチン側からはリビングダイニングの様子が分かりますが、
逆側からはキッチン内部が見えすぎないのがメリットです。

 
開口部を大きくするほど開放感が増しますが、
音や匂い、煙が漏れやすくなるので設備機器選びに注意が必要です。

 
キッチンのレイアウトは、 の大きさや向き、
キッチンに立つ人の数などで、ある程度決まってきます。

 

自分にとって使いやすい配置を作業スペースの大きさなどを把握しておき、
プランに反映できるようにしましょう。

 

キッチンは作業の流れに沿った配置が良い使い勝手になる

 

キッチンでの作業効率を良くするには、
シンクや加熱機器などの配置がポイントになります。
基本は、作業の流れに沿って機器類を配置することです。

 
キッチンでの作業の流れを見ると、

冷蔵庫&食品庫>>シンク&作業台>>加熱機器&
鍋などの調理器具>>食器棚&配膳台>>食卓となります。

 
この流れができていればいいのですが、
単に横1列に配置すれば良いというわけではありません。

 

1連の動作の移動は出来だけ短く出来るようにします。
また、冷蔵庫は飲み物等を取り出しやすいように、
食卓に近い場所に配置すると使い勝手が良いものです。

 

もう一つ、作業をスムーズに進めるには、
広い作業台を確保することも重要です。

 
下ごしらえをした材料を置く、火からおろした鍋を置く、
盛り付けのために皿を並べるなどといった場所があるだけで、
調理をぐんと楽になります。

 

家の上下にそろえた水回りが良い

水回り

 

 

水回りには多くの給排水の配管が必要なため、
できるだけ1カ所にまとめるのが効率の良いプラントされています。

 
また、キッチンの側に洗濯場所を作ると炊事と洗濯が同時進行できて
合理的というメリットもあります。

 
最近は、 2階にキッチンやバス、サニタリーを持ってくる計画が増えています。
その場合や、水音が安眠や団らんを妨げないように、
すぐ下に寝室やリビングを配置しないように注意しましょう。

 

サニタリーの配置は用途に合わせて

バスルームの洗面室、家族用のトイレは、
寝室や子供部屋の近くに配置するようにしましょう。

 
すくなくとも、リビングなどのパブリックスペースを横切らずに行ける
プランにすることはポイント。
リビングを通らなければいけない間取りでは、
来客時に気まずい思いをすることがあるからです。

 
お客様も使うトイレはリビングの近くが便利ですが、
出入り口がソファーなどから見えないような配慮をすると良いでしょう。

 
トイレが1カ所の場合は、寝室や子供部屋などのプライベートゾーンを
通らずに、リビングからトイレに行けるような導線を考えると、
家族のプライバシーが保たれます。

 

バスルームは在来工法かシステムバスか好みに合わせて選ぶ

 

バスルームのつくり方には、現場施工(在来工法)と、
システム(ユニット)バスを入れる方法があります。

 
現場施工(在来工法)は、間取りが自由にでき、
浴槽タイルなどを自由に選べるのがメリット。

 
システム(ユニット)バスは防水性に優れていて、
2階の設置が容易なことや工期が短いことが特徴です。

 

標準的なバスルームの広さは、
0.75坪・1坪・1.25坪のタイプが普通ですが、

一般的なのは1坪ですが、少し広めの1.25坪タイプも人気が有ります。

 
スペースが十分に取れなくても、浴槽の脇に出窓をつけたり、
洗面室との間仕切りを透明ガラスにすると、明るく開放的な浴室になります。

 

ゆったりと疲れが癒せる空間にしたいものです。

 

>>> トップページに・・・

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ

皮下脂肪