工務店の見積書の見方でミスしないように・・・

家を建てる時の見積もりは言うまでも無く非常に大切なものです。
今回は“工務店”に依頼する時の見積書の見方を学んでみましょう。

 

建築現場

 

建築士事務所を通す場合は相見積もりで工務店を選定

ハウスメーカーに建築を依頼する時と違って、
土地が変形であったり、狭かったりするときには、
設計や管理を建築事務所に依頼することが多く有ります。

 
この様に、建築士や事務所に設計を依頼した場合には、
建築工事は工務店に依頼する形になることが多いでしょう。

 

その様な時には、建築士事務所の紹介したくれた工務店であったり、
建て主の指定によって工務店を選んだりします。

 

この様に幾つかの工務店にかかわったときには、
相見積もりを取って依頼先工務店を選ぶことがほとんどです。
複数の工務店から相見積もりを取るのは、
工事金額を比較することでその地域の相場が分かり、
適正価格を知る手立てになるからです。

 

見積もり
また一方では、数社の見積を比較することで最適な業者を
選ぶことができ、
またコストコントロールもしやすくなるでしょう。

 
見積もりは、独自の算定方式や書式で書かれていることが
一般的ですが、
複数の見積もりを比較するには、
項目の立て方や内容など条件をすべて同じにしなければ意味がありません。

 
このため、建築士事務所では、各社の見積もりが一覧できるように
比較表を作り、比較検討しやすくなり、予算配分と検討がスムーズに出来ます。

 

 

工務店に直接依頼する場合の見積もりの場合は?

 

どの工務店に依頼しても、昔のようなどんぶり勘定的な
書き方はなくなりましたが、
本体工事費○○万円」というようなアバウトな書式の工務店も
少なくありません。

 
この様なものではその内容をチェックしようもないので、
概算見積の段階でも詳細な見積書を提出してもらうようにして、

項目ごとのチェックをし、契約時の最終見積もりでは工事費内訳明細書も必ず
出してもらうようにします。

 

見積もり金額のチェックは、地域の相場が手掛かりになるので、
工務店に直接依頼する場合でも、数社から相見積もりを取ることが重要です。

 


 

工務店の見積書のチェック

 

数社から見積もりを出してもらを相見積もりは、
条件を統一して依頼することが重要なポイントです。

 

最適な一社を選ぶコツは、
総合計の金額だけを見て高い安いと判断するのではなく、
見積もり漏れや内訳の不備がないかなど、総合的に評価して絞込ましょう。

 

家に居ながらにして、パソコンだけで、数社から数十社もの
見積もりや計画書を全てをまったく無料で依頼する事が出来ます。

住宅展示場に行く等をしないので、人との面談も無く、
気になる過剰な営業や付きまといもありません。

 

先ずはこのような方法で自分の大切な家作りを始めてみる事を
強くお勧めいたします。

 

そんな方法が下記の画像をクリックしてご覧になってみてください。↓
家作りの個本
>> タウンライフ家づくりで注文住宅の間取り作成
 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ

皮下脂肪