間取りのプランは家事動線を考えて・・・

家を建てる時に良く考えたい事の一つに“家事動線”があります。

 

家事動線

 

 

動線に沿ったプランが暮らしやすい

動線とか家事動線とは、人が家の中を移動した軌跡のことですが、
この動線が上手く出来ているとストレスを感じることなく
室内を移動できることになります。

 

何処か遠くに行く訳でも無いのに、部屋の移動に神経を使わなくても・・・
と、思ったかもしれませんが、毎日、何十年も住んで行く室内の移動は
以外に重要なことなのです。
玄関ドアから建物に入り、リビングを抜けてキッチンへ行く、
この動きがスムーズに出来る事は、日常の行為の中で頭の中で考えるよりも
実際に動きを考えた時以上に無駄を省けてストレスを感じないで
済むことになるのです。
そのため、動線をできるだけ短く、交差しないようにするのが基本です。

 

動線を考えるときは、目的の場所にスムーズに最短距離でいけるようにすることや、
人の移動に必要なスペースや、室内ドアや収納の扉が無理なく開閉できる
スペースもきちんと取る事がポイントになります。

家事をする部屋が離れていたり、人がすれ違う場所なのに通路が狭い、
といったことがないようにします。

 

最近注目されているのが、「回廊型」と言われるプランです。

 

動線が輪になって、ぐるりと1周できるようになったプランで、
動線が2方向に広がり、突き当たりがないため、後戻りすることなく動きが
スムーズに出来ることで人気が有る動線です。

動線は、暮らし方や家事の手順などによっても変わりますから、
これが正解ということが有るわけではありません。
まずは、今暮らしている家で自分たちの普段の暮らしの動線を確認してみましょう。

遠回りをしていたり、何度も行き来することになって、面倒に感じる場所ありませんか?

 

今の暮らしで不満に思っていることが案外、
自分たちに有った動線のヒントになるかもしれません。

「どうすればもっと暮らしやすくなるのか」を考えてみることが大切です。

 

 

間取りには基本的なサイズがある

おおまかな間取りのイメージが掴めたら、
各部屋の配置や広さを考えてみましょう。
基本的な広さを基に自分のイメージに有った広さをあらかじめ決めてから
間取りを決めるようにするとスムーズに行きます。
リビングやダイニング、キッチン・寝室・子ども部屋・洗面浴室など、
ライフスタイルや好みによって必要の広さに幅があります。

最近はオープンキッチンの人気が高く、
LDKをワンルームにするケースも少なくありません。

オープンキッチンにすることで、床面積がそれほど広くなくても、
開放感があってゆとりを感じさせる空間になることも多いので、
敷地が狭い場合は特にLDKスタイルを検討するようにすると良いものです。

キッチンは、 4畳半から6畳位の空間があれば大抵の無難に対応できますが、
広すぎると火事動線が長くなり、かえって使い勝手が悪くなるので注意しましょう。
玄関トイレ、バスルームは大きさがある程度決まっているスペースです。

玄関は3畳程度の広さをたたききと板の間に分けるのは一般的です。

トイレは1畳、浴場は2畳が目安となるでしょう。
敷地が狭い場合は、トイレと洗面を一緒にしたり、
トイレと洗面室とバスルームをワンルームにまとめるといったプランも良いでしょう。

寝室は、ダブルベッド1台で6畳、
シングルベッド2台入れる場合は8から10畳必要です。

 

採光・通風

 

採光・通風を考えた間取りを心がける

住まいの快適さは、間取りだけではなく、光の取り組み方や風通しの具合にも
大きく作用されます。
光がほどよく差し込み、自然に風が通るような住まいにするには、
窓などの開口部の配置や、上下階の空間のつながりに配慮する必要があります。

 

採光は、南面に大きな窓を取るケース一般的ですが、
必ずしも南面や大きな窓にこだわる必要は無いでしょう。

 
ハイサイドライトやトップライトをうまく利用すれば、
窓小さくても明るさを感じさせることができます。

 
また、住宅密集地などで窓から光を取りにくい場合は、
中庭を設けてそこから光を取り込むことも可能です。
あなたはどんなプランがお好みでしょう。

なが~く住む家ですから、色々な知識を得る事も、将来共に豊かな生活を
していく上では非常に大切なことですよね。

間取りプランの参考のためにも「タウンライフ家づくり」は
色々と参考になるものと思います。

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ

皮下脂肪