家の作りや間取りで人の育ち方が変わりよい子が育つ

家を建てる時の“間取り”って凄く気になりますよね。
良い間取りって何でしょうか・・・。

この問題は個人差が有って一概には言えない。
なんて逃げてしまっては何も得るものは有りません。^^;

 

良い間取りの中で、
今回は「頭の良くなる間取り」について考えて見ましょう。

 

間取り

 

こんな本があることを知りました。

 

間取りを考える時には、「独立した子ども部屋」を用意してあげたい。
と思うものですねよね・・ !?。

 

このときに空間的な余裕が無いからと諦めたり、
自分の書斎を削ったり、無理をしてでも子供のためには是非とも
部屋を持たせてあげたい。

 

親が「勉強しなさい!」といっても、
子供に勉強部屋が無い時には強く言えないし・・・
などと思っていてはいけないようです。

 

自分が子どもの時に、静かな勉強部屋が有りましたか、
昔は勉強部屋が独立して有った事は少なかったのでは。

 

でも、あなたがそうであったように、頭が良く育ちましたよね。

 

昔であれば、居間のコタツの上で宿題をしたりして勉強していました。

 

仮に子ども部屋があったとしても、
家庭内のコミュニケーションであったり、
夫婦関係が最悪な状態であったとしても子どもは頭の良い子に
育つでしょうか?

 

自信を持ってイエスとは応えられないのでは無いですか。

 

特に子どもが小さいうちは、
母親の声がするところが一番落ち着く所なんです。

 

キッチンやリビングの一隅が一番勉強がはかどるところなのです。

 

リビングで勉強できる環境は、
そこでは子ども中心になっているから出来ることで、
「勉強しなさい」と言って子ども部屋に追いやっておいて、

自分はテレビを楽しんでいるような環境の時には、
子どもはキット勉強部屋でマンガを見て楽しんでいることに
なっていることでしょう。

 

具体的な面を見てみますと、

子ども部屋には2回に行く階段はリビングから行くようになっている
キッチンは対面式になっている
リビングは吹き抜けになっている
二回への階段の踊り場に本棚が置いてある
リビングに面してウッドデッキが作ってある

 

この様な間取りである一番の目的は“コミニュニュケーション”が
取りやすい事を考えているからなのですね。

 

小さいうちの子ども部屋は二つのドアーがあって、
成人するに従って一つの部屋が二つに別けられる作りになっている。

 

間取りも子どもと共に育つ間取りだったら一番良いのですが・・・。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ

皮下脂肪