ハウスメーカー見積もりで断るのが大変か?

 

家を建てる時には、何件かの見積もりを取る事は
普通にあることでしょう。

 

見積もりを取る段階で、多くのハウスメーカーと相談すると
「後で断る段階で苦労しそうだから限定的にしたい」とか
「見積もりを取りたいけどなんとなく何か不安だなぁ」
などと思っていませんか・・・?

 

見積を取る

 

多くのハウスメーカーとの相談が大切

 

家を建てるという大切なことの前に、断るのが大変そうだから
見積もりや相談を限定的にするといった考え方はしないほうが良いでしょう。

 

初めから自分ではこの業者だと決めて、
その会社だけで全てを決定していくといった事は珍しいのでは無いでしょうか。

 

少なくても2~3社や多いときには10社以上と具体的な相談まで
している人もいるでしょう。

 

自分のこだわりであったり、初めから地元の業者に決めている事も
有るでしょうが、できる限る多くの業者と相談をし、意見を聞いたりして
情報を集めることをしたほうが良いのです。

 

自分の生涯の中でも一番大切な事業をしていくのですから、
出来る限るの努力をして行くことが良いと思いませんか。

 

多くの業者に相談すると断るのが大変か?

 

家を建てた経験者から、
「多くの業者と関係してたら断るのが大変だった!」といった事を
言われたことがあるかもしれません。

でも、それはどこかで間違っているのです。

 

 

ハウスメーカーなどの業者からすれば、一旦相談を受けたお客さんを
離したくないと言う事は当然の想いでしょう。

 

展示場に足を運んで、資料請求をしたり、相談をするお客さんは
重要な顧客相手ですから、電話をしてきたり、自宅まで訪問してきたりして
活発な営業活動をしてくる事は業者としては誠意を示すこととしても
大いに有りうることでしょう。

 

業者側からすると”契約”を取ることが何よりも大切なのですから
真剣になっているのですが、

こうなってくると、こちら側とすると、活発なセールスを受ける事は
迷惑で嫌な感覚が増してきますよね。

 

こうなった時に、”断る“ことが大変なのかというと、
そこは専門業者ですので、こちらの断り方によっては
意外なほどに簡単に手を引いていくものなのです。

 

住宅会社としては、契約が取れた、取れなかったといった事は
日常茶飯事名ことなので、ダメとわかればそれ以上の
しつこい営業はしない物なのです。

 

大切なのは”断り方”にある

 

ここで、大切なのが、「断り方」なのです。

 

営業担当者は自分の会社と契約をしてくれないというハッキリした
答えがあれば、それ以上の追求はしてこないものなのです。

ここで大切な事は、「ハッキリした答え」なのです。

あいまいに済まそうとすると、まだ可能性があるとして、
もっと追求してくる結果になって来ます。

 

例えば・・・

今はまだ検討中なのでまたにして下さい

予算がオーバーしそうなのでやめます

他のメーカーが良さそうなのでやめておきます

B社も気になるのでチョット待ってください

 

この様な断り方だとすると、
この言葉の中には、まだ可能性があるものとして
もっと深追いをかけてくることになってしまいます。

 

 

では、ハッキリした断り方はどうするのか?

“本当に断る”のであれば、

「○○ハウス」と契約しました。

 

この様にきっぱりと告げることです。
大切な事は、自分の心は決まっている事を告げるという事です。

 

告げ方としては、電話が一番よいと私は思っています。
わざわざ会って告げる事は無いものと思います。

 

契約をした会社を相手に告げるということが重用で
それが、担当者に解ればこの段階で何のトラブルも無く、決着するのです。

 

今までに説明させて頂いたような感じで対処することで、
多くのハウスメーカーに資料はもとより間取りや土地の問題までも
一括して相談が出来るシステムが確立されている、
「タウンライフ家づくり」に依頼する事は素晴らしい方法です。

 

このシステムでは、パソコンによって、
自分が家を建てる地域を指定して、必要な事を記入して送信するだけで
その地域を管轄する多くの住宅メーカーから同時に提案してくれて
便利この上ないものです。

 

この良い点の一つに、このシステムを使っていると言う事が自体が、
最初から、比較されるのを承知の上での提案なので、
初めから相手業者は多くの競争相手がいることを認識していることです。

 

このことにより、断わる時も気兼ね無しで、なお更に簡単になってくるのです。

時間を掛けずに、全く同じ条件で記入された依頼用件について、
間取り図や、見積もり書が作成されるなどという事は他の方法では
出来ないことです。

 

間取りや見積もりを依頼する時の注意点は・・・

 

このシステムで依頼する時の注意点としては、
出来る限り自分の要求する内容を細かく記載することです。

 

例えば下記のようなことを記入していくのです。

この事が何も記載されて無いものには、業者側でも迷ってしまって
結局は内容の乏しいものになってしまうでしょうし、
依頼者の真剣さが伝わって依頼された業者のほうでも真剣に成ってくれるでしょう。

反対に、自分の希望や依頼状態など何も無いような状態だったとしたら
本気になって間取りを作る気にならないことは仕方ない事だと思います。

 

依頼時の、一例としては・・・

・リビングには対面キッチンが欲しい
・吹き抜けのある家
・薪ストーブ設置
・リビングに和室6畳
・2階にもトイレは必用
・寝室は8畳がよい
・子供部屋を将来仕切れるようにしたい
・リビングに隣接して、ウッドデッキがほしい
・パントリー・家事室がほしい
・全体は30坪から37坪程度とする

 

この様に自分の要望を出来る限り細かく指定することが
非常に大切な要件になって来ます。

 

今の時代、お金も時間も使わずに、家族全員の希望を記入して
家にいながらに、時には10社以上ものハウスメーカーなどに
自分の希望する家の全体像を作ってくれる時代なのです。

是非あなたも一度この自由なシステムを使ってみてはいかだでしょうか。

 

 

「タウンライフ家づくり」の比較検討サービスは下記からどうぞ。


>>タウンライフ家づくりで注文住宅の間取り作成

m-ie

「タウンライフ家づくり」は・・・・
・パソコンから多くの資料・情報が全て無料で入手できる
・全ての会社に同時期に同じ条件での依頼になり比較検討が出来る
   ・業者からは初めから、比較された提案書が来る事になる
・一方では断ることも簡単に出来る

   このようなメリットがたくさんあります・・・♪

 

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ

皮下脂肪