家を建てる!見積の注意点と知っておきたい事とは? 

家を建てると決まってついに“見積もり”まで来た!
わくわくする反面ドキドキする!

見積の注意点と知っておきたい事にはほどんな事があるだろうか。

 

見積もり

 

住宅メーカーと工務店の見積もり書の違いを知っておく

 

家を建てる時に自分が選んだのは住宅メーカか工務店かによって
「見積書」の形式が大きく違っているのです。

 

ここで云う工務店には、建築士事務所に設計を依頼した場合にも
工務店と同じ様な見積書になることを知っておきましょう。
その違いを見てみますと、
住宅メーカーの見積書は、
「本体工事費」と「付帯工事費」「諸経費」など凄く簡単な
形式が取られています。

 

「本体工事費」とは、家本体にかかる費用で、
「付帯工事費」とは、地盤改良工事、 屋外電気工事や屋外給排水工事、
ガス工事、冷暖房工事などは付帯工事費のことです。

 

ここで注意しておく事は、
本体工事費にしても付帯工事費にしても“一式”となっている点でしょう。
一式となると何となく「簡単で中身は大丈夫なのかな」と
思ってしまいそうですよね。

 

これは、住宅メーカーでは<企画化された住宅>だからで、
“標準仕様書”ではあらかじめ困っていることなので、
明細が付いてないだけの事なのです。
ここで注意したいのは、”標準仕様“だけでなく、
追加をしたり、変更がある時にはそこに関わるオプションが
一つ一つ加算されて計上されて行く事になるのです。

 

当然、オプションを付けるたびに価格がアップしていきますので、
始めに“標準仕様”は何処までのものなのかという事を
確認しておくことです。

 

工務店の見積書では

 

工務店の見積書は、住宅メーカーの一式表示ではなくて、
工事費別に算出されて詳しく書かれています。

表書き、工事費内訳書、工事費内訳明細書がセットになっています。
そして、工事費内訳明細書には、
本体工事費と付帯工事が別々の項目として表示され、
さらに工事内容を分類した項目と金がを計上されています。
この工事費内訳書をさらに細分化したものが工事費内訳明細書です。

 

例えば、仮設工事に関わる金額として、
準備費、水盛遣方(みずもりやりかた)費、仮設水道設備費、
仮設電気設備費、外部、内部足場掛費・・・、と言うように、
1つ1つの工事に関わる項目の数量、単価、金額は明記されています。

 

このほうが住宅メーカーの見積書よりも詳しい事も有って、
安心感があるように感じられますよね。

 

見積り依頼をする時に注意する事は・・・

一言で言えば「見積を依頼の際は予算を控えめに」と云うことです。

 

家を建てる時には、当然ながら“予算”が有ります。
予算は多くの場合にオーバーしてしまうことが多いものです。
自己資金や住宅ローンの返済額を検討した上で、
建物にかけられる金額を設定するのが普通ですが、
注意したいのが、設計を始める時に担当者に伝える予算です。
工事予算は「用意できる資金の8割~9割程度に」として
おくことが大切なのです。

 

多くの場合、ハウスメーカーの営業担当者に見られる傾向として、
どういう訳か、こちらで提示した予算一杯までを使って
見積もりを出してくることが多いからです。

 

そこで、あらかじめ予算の内の10%~20%は予備の資金として
残した予算を提示すことが必要で、その事が安心感を得られるのです。

 
家を建てる時に多く見かけることとして、
建てていく過程で追加したいことが出てきたり、
内装に移ったときに材料をグレードアップしたくなると言う事が
起きるのです。

 

そんな時のために資金不足にならないためにも、
資金計画は余裕を持って立てておくことです。
仮に資金が多少残ったとしても、新築の家にもう直ぐ入れるのです。
そのときに思わぬ出費が有ることだって多いものですからね。

 

 

***~~~***
住宅展示場を回らなくても、多くの住宅メーカーからネット上から、
同じ条件での見積もりや間取りプランが無料での回答が一回で貰えます・・・♪
↓  ↓  ↓


タウンライフ家作りの詳しい説明は
>>ココをクリック!

無料での間取り図やパンフレットなどの取り寄せは
>> タウンライフ家作りで簡単に・・・♪

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ

皮下脂肪