家の内装材は眼に触れる大切な場所だ!その選択は?

家の外観が出来ていよいよいつも眼に触れる“内装”に入ってきました。
内装は常に眼に触れているところで大切な部分です。

 
室内内装

 

内装材選びの基礎知識

 
床に貼るフローリングやタイル、
壁紙や漆喰、珪藻土など内装に使う素材は、
インテリアのベースになる大切な要素が一杯なので、

自分の好みで、しかも考え抜いた素材選びがこの後の
生活空間を心地よいものとする為には欠かせない。

 
内装材の中でも、“床材”は室内でも、その占める面積の
割合が大きいので“壁”・“天井”と共にインテリアのベースとなる
重要な要素だ。

 

特に注意深くその選択をしていかなくてはならない所は、
”なのです。

 

それは床は一度決めて施工すると、
張り替える事はほぼ出来ないものと思ったほうが良いでしょう。

 

床は張り替えるのは大変なことになってしまうし、
もともと費用がの上でのコストも掛かっている部分なので、
多くの費用もかさんでしまいます。

 

この様に大切な床を選ぶ上での注意点は以下のような事でしょう。

・飽きの来ない色や素材
・質感などインテリアとしての重要性
・使用頻度が高い部分なので耐久性
・メンテナンスのしやすさ
・床以外の室内の木部との関連性
・選ぶ色によって室内の明るさにも影響がでる

二階建ての場合には、一階・二階で統一することが多いのですが、
リビングダイニングのある階はグレードの高いものにすると
全体が高級感のある感じになっていいものです。

 
玄関や水回りは水分に強い事はもとより、
掃除のしやすさも大切で、すべりづらい材質が求められます。

 

自然素材を選ぶか新建材を選ぶか

 

自然素材か新建材か、自分は何が好みなのか
改めて考えてみることが必要でしょう。

 

内装をして行く上で、大きくは自然素材と新建材に分けられます。
無垢のフローリングや漆喰、珪藻土の壁材などに代表されるのは
自然素材の内装材といわれるものです。

 

室内
一方の新建材といわれるものは、
ビニルクロスや複合フローリングなどです。

 

この新建材は大量生産ができて工期も短いため、
コストが安くなり、しかも手入れが自然素材と比べて
楽な点などがあって、喜ばれる時代が有りました。

 
安くて、手入れが簡単ではあっても自然素材の良い点が
多くの人に見直されるようになって来ている現状があります。

 
見直されている点を挙げると、
使っているうちに、傷が付いたり色あせる事は解っているのですが、
その事がかえって、その素材独特の質感であったり、温かさを好み、
時を経るにしたがって味わいを増していくことが人の共感を得ているのです。

 
この点で、新建材は始めの美しさを結構長い間維持できると共に
時代に沿ってリフォームの必要性を感じたようなときには
コストを抑えて出来るので魅力を感じているほともいるでしょう。

 

例えば子供が小さいうちは、
新建材で作っておくことで落書きされても修正がしやすいし
クロスや塗装をすることで修正が出来ます。

 

子どもに成長に合わせて、
例えばリビングだけは、自然素材のものに変えてみるなどが出来る事も
あるでしょう。

 
ものにはなんにしても、メリットがあり、デメリットがあるものです。
この事は自然素材と新建材にもいえるのです。
そんな中でも、床については、先ほどもいいましたが、
リフォームがしづらい部分ですので選ぶ時には慎重さが必要です。

 
この様に内装材の選択に当たっては、その特徴を良く得理解して、
インテリア性であったり、使う場所や生活スタイルや清掃のしやすさをはじめ
将来にやってくるリフォームのことなども勘案して選択することが必用になります。

 

統一の取れたインテリアにするために・・・

 

室内2

 

床や壁などについて考えましたが、
それと同じく建築段階で決めておきたいものでインテリアの要素にもなる
木を使った部分にいついても考えておきましょう。

 

それは、幅木やカウンターなどや部屋の扉やドアー、
キッチンなどの収納部分などです。
そして、家の完成と共に、そこに入れる家具や照明器具、カーテンなどで、
これらのものの総合的なものがインテリアの質に関係して来るのです。

 

室内全体の色調やデザインが全体的な調和が取れていることが必要で
全ての調和が取れて初めてセンス良くまとまってくることになります。

 
この段階であわてることの無い様に、
プランニングの段階から全体のイメージを決めておくといいのです。

 

ぬくもり感・カフェ風といった全体の印象や、
アースカラー・モノトーンなどの色使いは何が良いのか・・・
自分や家族は何が好きなのか・・・

この様な事は急に言われても判断に迷うことも有ります。

 

そんな時には、モデルハウスや雑誌などを参考にして
スタイルを決めておくと後が楽になるでしょう。

 

インテリやでは内装で凝るよりも家具で演出をしていては・・・

自分の家が建った・・・!
となって、内装にこだわりたくなるのが人情でしょう。

 

この段階であまりにこだわってしまうよりは、
出来る限りベーシックなシンプルさが、後になってのメンテナンスが楽であったり
コストが抑えられる結果にもなって来ます。

 

特に、造作家具や廻縁や腰壁などのインテリアデコーデコレーションは、
コストアップの基となって帰ってきます。

しかも将来、自分の好みが変わった時に変更するのは大変です。

 
そんな事もあって、インテリアでは、
内装で凝るのではなくて、カーテンや家具、雑貨で
楽しむように考えてみてはいかがでしょうか。

 
ですが・・・
折角出来た家ですから、
存分に悩んで楽しんでみる事もいいのでは無いでしょうか。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ

皮下脂肪