住み心地は家を形作るプランニングのアイディアが決める! 

住み心地の良い家を建てたい!
使い勝手の良い家を建てたい!

家を建てる時にはみんながそう思うことでしょう。

その思いを叶えるのがしっかりした“プランニング”にあるのです。

 

 

プランニング

 

プランニングが住み心地や使い勝手を決める

 

予算が無いから良いプランが出来ないのではなく、
予算が無いからこそ良いプランが欲しいのです。

 

限られた予算でいかに住み心地や使い勝手の良い家を建てるかと
いうことを担っているのがプランニングだからです。

 

ですから、このプランニングにこそじっくりと時間を
割く事が大切です。

 

予算が限られているかえらこそプランニングによって、
「シンプルな形と構造」や「間仕切りの少ないオープンの間取り」と
いったことを重要視していくのです。

 

 

施工面積を減らせばコストは下がるでしょうか?

小さい家であれば安くできる」この事は確かでしょうが、
間違った一面もまたあるのです。
プランが決まり、設計が終わってさぁ始めるぞ!って言うときに
コストを減らしたいから床面積を削るぞ!って云うことになったら
大変なことが起きるかも知れないのです。

 

ただ単に家の全体を小さくしたら良いというものでは無いのです。

 

そのようなことをすることで、
デザインだって崩れてしまい自分の思ったものとはかけ離れ、
構造だってバランスの悪い家になってしまいます。

 

第一大幅な図面の修正に至ると、思わぬお金が掛かってしまいます。

 

そうならないように、そのようなことが起こる可能性がある時には、
初めから狭小住宅を建てる決意が必要だったのです。

 

劇的ビフォーアフター  ↓ ↓

家の形が性能や価格に大きく関わってくる

 

よく外見が複雑な形をした家を見かけることが有りますよね。

 

この様な家は色々と困ったことが多いものなのです。

 

家の建て主がお金が一杯あって、こだわりが有る時は
それはそれでいいのでしょう。
でも・・・、

家の形をシンプルな箱型にするか、複雑な形にするかで
色々な面で大きな差が生まれてくるのです。
シンプルな箱型の家の場合には、
構造的に強い家が立ち上がり、
外壁の表面積小さくなり材料や手間が省けて安くなるのです。

 

当然に屋根の形も単純になり、
片流れや切妻屋根にしたり、屋根の勾配をゆるくすれば、
施工面積が少なくなり、当然使用する材料が少なくなります。

 

また、屋根の足場も必要としなくなり総合的に考えると
費用が凄く節約できる結果となります。
また、二階建てにするときには、“総二階”にすると良い事は
いま云って来たことに相当してきますから安くすることになります。

 

反対に、部分2階にすることで、基礎工事やコーナー処理が
増える事になりますので、材料代や工事費が高くなります。

 

複雑で、凸凹な家を作る時には、
単純でシンプルな構造での述べてきたことと正反対なことがいえるのです。

 

構造的に弱く、お金が掛かるということですね。

 

家

 

プランニングで気をつける色々なこと

 

廊下が複雑に入り組んで長い場合が有ります。

こだわりが有る場合はそれでいいのでしょう。

 

でも、家を建てる費用を抑えたいときには、
極力“廊下”は無いような間取りにするほうが良いのです。

 

廊下を減らしてその分居室を広くするのです。

 

玄関から部屋に行くまでであったり、
部屋から部屋に行く時も廊下を使って行くようになっている場合も有りますが、
仮に廊下が無くても困る事は無いように出来るのです。

 

廊下が無ければ床面積がその分少なくて良いことになるのですから
安く作ることが出来ます。
ロフトっていいものですよね。
ロフトがあることで空間が広くなり、明るくなります。

 

建物を立体的に考えてプランニングすると、構造材の負担も無く、
小屋裏の有効利用が出来たりしても3階建てほどには費用も掛かりません。
リビングに階段があるのはどうでしょう。

見てくれが良いと感じる人と、嫌に感じる人が居るでしょう。
リビングに階段を作る事は、空間のポイントにもなりますし、
はコスト節約にも有効な手段なのです。

 

玄関先や他の場所に階段を持っていくときには、
階段を囲うことになり、その分の材料費が余分に掛かります。

 

和室は好きですか。
日本の伝統的な和室って憧れの対象になることが多いですよね。
和室となると、良い柱が欲しくなり、天井板、長押(なげし)、鴨居など気になり、
こうした本格的な和室は、造作にも手が込んできて、
材料費や工賃などでも洋室に比べて大きくコストアップになります。
でも・・・
和室って色々と便利な面も有りますよね。

 

とっさの客間に使えたり、昼寝を気軽に出来たりいいですよね。

 

和室といっても、本格的な床の間などの作り込みをしなかったり、
壁や天井もシンプルな洋室仕上げにすることで以外にローコストに
出来るものです。

リビングにつながる和室であれば一体感が演出できて空間が広く感じるでしょう。

 

本格的な和室は高くつきますが工夫をすることで
活きた和室を作ることが出来るでしょう。

 

 

玄関ホールは多目的に使うと有効な空間になります。

 

玄関ホールは、外と部屋をつなぐためにありますが、
ただ普通の“玄関”としてのものだとすると、
もったいない空間でしかなくなってしまいます。
ただの出入り口にしないで、
趣味があれば、アトリエやギャラリーのようにしてみたり、
プレイルームとしても使えるプランにする事も出来るでしょうし、
玄関ホールの面積を有効に使うことで有効な空間に出来るでしょう。
家全体の部屋数少なくすることで、
間仕切り壁や扉などが減らせることになります。

 

反対に、部屋数が多いと、壁の両側を仕上げるので材料費がかかりますが、
部屋を仕切る壁がなくなれば、材料費が安くなってきます。

 

広い部屋を作って、家具やパーテーションなどで仕切って使うなどの
工夫をすると新しい感覚が生まれたりするでしょう。

 

 

プランニングについて説明して来ましたが、
家づくりで大切な事は、家族がコミニュケーションを取りやすい間取りであったり、
家族が自然とリビングに集まれるようにすることが大切でしょう。

 

対面キッチンを作ったり、吹き抜けを作ったりすることで、
いつも家族の動きがわかったりするようにしたり、
間取りを考えることで、壁を少なくして、心理的な壁も少なくする事が
出来るでしょう。

 

家族全体が幸せを感じられる家づくりが完成できるといいですね。

 

~~~~~***~~~~~
ハウスメーカーへの無料間取り作成依頼・お見積もり・相談依頼等が
一括でお問合せが出来て便利です。お気軽にどうぞ・・・♪

大手ハウスメーカーで注文住宅の間取り作成

サブコンテンツ

このページの先頭へ

皮下脂肪