二階建てと三階建てどちらがいいか!その分かれ目はこれだ!

一般家庭で三階建ての家を見かける事はあまり無いですよね。
なぜ三階建ての家が少ないのでしょうか?

その理由を考えてみました。

 
三階建ての家

 

三階建てのデメリットは

3階建ての家が圧倒的に少ない事は知っての通りです。

何故3階建ては少ないのかは、色々な理由があります。
一番の理由は建築面積に対して値段が高くなることでしょう。

 

高額になってしまう一番の理由は、
地盤改良にお金が掛かることです。

 
話題になっているマンションの杭が不正だったというのが
有ったように家を建てる時には、その地盤をしっかりと
作ることから始まります。

 

それが三階建てだったら、一階建てよりも、二階建てよりも
丈夫でなければなりません。
地震対策はもちろんですが、
建物そのものの重量が増してくるからです。

 

三階建てともなると、鉄筋コンクリート造りが多くなってくるでしょうし、
木造にしても重量は二階建てとは比較にならない重さになって来ます、
重いものを支えるためには、
地盤が軟弱だったら支えきれなくなってしまいます。

 

地盤調査の結果で適切な地盤改良をしていくことになるので
そこに掛かってくるお金も何倍にもなってきてしまいます。
この様に地盤対策に掛かる費用だけでなく、
同じ建坪でも、階段部分や踊り場などが必用になってきますので、
実際に使える面積が小さくなってくるので、
建坪単価も高くなってきます。

 

例えば二階建ての時に50万円だったのが、
三階建てになると80万円になる事もあるのです。

これを40坪の家を例にして、単純計算してみると、
二階建て 40坪×50万円=2000万円
三階建て 40坪×80万円=3200万円
こんなに差が出てきてしまいます。

 

まだ或る三階建てのデメリット

済み心地を考えても、家の中の動線が立てに伸びているのですから
上に行ったり、下に行ったりとするときには
くたびれてしまいます。運動にはなるでしょうが・・・。

 

1階で洗濯をしたものを3階に持っていって乾すとなったら
その大変さが思われるでしょう。
コンクリート住宅ならともかく、木造で作った場合には、
大風や地震などではその揺れは想像できるでしょう。

 

三階建てに至った原因としては・・・。
好みの土地が狭い土地にしかなかったので、
上に伸ばすしかなかった。

隣近所が立て込んでいて、太陽の光を得るには
上に伸ばすしかなかった。

三階建てにこだわりが有った。

この様なことが考えられるでしょうか。

 

 

三階建てにはこんなメリットがある!

通勤・通学に適した土地だったが、
狭い限定的な土地しかなかった時でも、
建築家に依頼して、個性的で素晴らしい“建築物”が
出来あがる事も有るでしょう。

 

・都会地で高額な土地を三階建てにすることで
有効に使うことが出来た。

・二階建てでは得られなかった間取りを作り出すことが出来た。

・多くの二階建ての上に三階部分があることで、
眺望が開け、日当たりを得ることが出来た。

・夏には風通しが良いために涼しく、
冬には十分な日当たりやあったまった空気が上に来るので暖かい。

・都会的な立ち姿が気に入っている

 

お金はイクラでも有るので、
三階建てにこだわって、豪邸を建てたいといった時には、
素晴らしい建築物が出来るでしょう。

 

一般的で自分の家族がゆっくりと生活をしていくためには
やっぱり一階建てや二階建ての家が普通に良いものだと
改めて感じられる結果になりました。

あなたも良く考えて素晴らしい家を建てられると良いですね。

 

 
タウンライフ家づくりで注文住宅の間取り作成

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ

皮下脂肪