太陽光発電の価値はある!?価格や効果やメリットはあるの?

家を新築する時に「太陽光発電」は気になる事でしょう
太陽の光で発電し、その電気を使って生活できる・・・!

そんな夢のような話が現実になっている時代なのですね。
今回は太陽光発電のことを学んで行きましょう。

 

太陽光発電

 

 

太陽で発電する仕組みと利用の仕方

 

太陽は光と熱を利用することが出来ます。

 

太陽光発電は「」を利用する方法で、
」を利用する方法は、「太陽熱温水器」(ソーラー温水器)
呼ばれてお湯を使う方法です。

 

今回は「光」を利用する太陽光発電に付いて考えていきます。

 

「太陽光発電」はソーラー発電とも言われて、
太陽の光を電気に変換して家の中で使ったり、
余った電力を電力会社に売る「売電」をして行くシステムです。

hatuden6

 

太陽の光で発電しても、そのままでは使える状態では無いので、
<太陽電池の仕組み>を使って普通の電気の様に使える状態にします。

 

ここでは少し難しい過程があるのですが、
作ったり、使ったりする上では必要ないので
省略をさせていただきます。

 

 

太陽電池の材料の違い

 

太陽の光を電気に変えていく方法には幾つかのやり方があります。

 

少し難しいのですが、
いま市場で販売されている方式には、

シリコン系多結晶、シリコン系単多結晶、
薄膜シリコン系、化合物系・・等などがあります。

 

メーカーによって、
これらのうちで何を使っているのかが分かれてきます。

 

多結晶シリコン
シャープ・京セラ・三菱電機・フジプレアム・Qセルズ

単結晶シリコン
東芝

シリコン系単多結晶(薄膜シリコンと単結晶のハイブリッド)
三洋電機

化合物系(CIGS)
ホンダソルテック・ソーラーフロンティア

非晶質シリコン(アモルファス)太陽光発電
富士電機システズ

単結晶シリコン + アモルファス
パナソニック

これらの製品にはそれぞれの特長が有ります。

 

コスト面、性能面に違いがあるのですが、
どれが一番良いのかは一概に言えません。

 

これがいちぃばんだと解っていたら全てのメーカーが
同じ方式にするはずです。

 

太陽光発電の概念図

 

 

住宅用で一番大切なのは当然「太陽光発電パネル」です。
ここで得られた「直流電気」を「交流電気」に
変換する装置が有ります。

太陽光発電

 

家庭内で一部を消費した残りを、売電するのですが、
買電・売電メーターを経て電力会社に送って利益を得ます。

 

ここで、面白いメリットが生じます。

太陽光発電なので、当然昼間に電気を作りますが、
昼間はあまり電気を使わないので、売るころが出来て、

電気を多く使う夜間には、夜間割引があるので、
安く電気を使うことが出来るのです。

 

 

太陽光発電の雑学

 

太陽光発電では発電する時の効率で、
意外なことに、ソーラーパネルは高温になるほど
発電効率が落ちる性質があると言う事です。

そのために沖縄や九州地方では発電効率が落ちて、
冷涼な北海道のほうが発電効率は上がるのです。

但し、だた涼しいだけではいけないのです。
一番大切な事は”日照時間”なのです。

 

そこで日本の日照時間の多いところと少ないところを見てみると

日照時間の多いところは
①山梨県(2358時間) ②静岡県(2269時間) ③埼玉県(2255時間)

日照時間の少ないところは
①沖縄県(1539時間) ②山形県(1664時間) ③青森県(1669時間)

この様な結果になっていました。
パネルの発電効率が一番良い北海道は日照時間の問題があって
一番普及率が低い所になっています。

 

 

太陽光発電の設置価格の費用相場は

 

太陽光発電の価格

一番多い発電量の3.0~4.0kwの太陽光発電の場合で
およそ170万円くらいから250万円くらいの様です。

 

太陽光発電の装置は以外に長持ちして、
10年も20年も発電してくれるので経済的なメリットと
設置してあることで災害時などの安心感は大きな
メリットとなって来るでしょう。
自治体などでの補助金がもらえるて、
国からの電力買取が保証されている今現在が設置に有利な時でしょう。

現状ならば

いくら安くなって大きなメリットを生むといっても、
初期費用が高額であることに間違いないので、
できるだけ安く購入する努力は必須となってくることでしょう。

 

何処よりも安く設置するために
参考になさって下さい・・・♪

太陽光発電には一括見積サイト>が有ります。

現状で業者間では激しい競争をしていますので出してきた価格を
さらに値段交渉をすることで値引に応じてくれることも有ります。
現在では補助金があるのですがその状況も知ることが出来ます。



売電価格は下がってきています。そんな中でも売電契約をすれば
政府が買い取り価格の保障をしている今が一番高い状態にある事を
知っておくと良いでしょう。今であれば、契約後10年間は政府が
保証しているので設置費用の元を取り戻すのには最短の時期です。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ

皮下脂肪