家を建てる土地の問題!変形土地・狭小地対策とは?

家を建てる土地を購入する時に、
変形地や挟小土地をはじめ三角形の土地であったり、
旗竿地といわれる奥まった所にある土地など様々あります。

 

色々な土地1

 

色々な土地

傾斜地

 

 

変形土地や挟小地、傾斜地には家は建てられないか?

 

あなたが家を建てる時に、図にある様な土地を
選ぼうとは思わないのでは無いでしょうか?

 

あなたが選ばなかったように、
人気が無い土地になっています。

 

でも、人気が無いからこそ、“安い土地”かもしれないのです。

 

いくら安くても、
家が建てられないのであれば仕方が無いのですが、
変形な土地だからこそ“面白い”事も有るのです。

 

一般住宅には適さないと思われている所に、
短所を長所にしてしまう設計力で一般に土地では
考えられないような素敵な家が建ったら嬉しくないですか。

 

但し、この様な変形土地では、
住宅メーカーが提案しているような家は流石に建てる事は
出来ないでしょう。

 

例えば、下記の図を見てください。

 

傾斜地の家

 

山のそばの斜面に建っている家の例ですが、

困った土地であっても光が差し込み、景色がきれいに見える
土地として活かされていると思いませんか?

 

この様な土地であれば相場よりも大幅に安くてに入ることでしょう。

 

極端な変形地でも、希望通りのプランを実現できる!

 

極端に変形してる敷地や狭小地の場合のときには、
あなたがあらかじめ持っているプラン通りには
建てられないかもしれません。

 

この様なときには大手のハウスメーカーではなくて“設計事務所”が
頼りになってくれるでしょう。

 

建築家と相談することでその土地で無ければ出来ないような
素晴らしい家が完成するものです。

 

狭小地に建てたアイデア住宅 ↓ ↓

>>住宅メーカーの資料・間取り・見積もりを一括無料で貰う

ハウスメーカー数社の依頼した資料が一括で請求できる!

住宅メーカーの資料を無料で貰おう!

 

考えないといけない事は、
早く家が欲しい場合や大手のハウスメーカーの家が欲しい時には
無理があると言う事です。

 

また、土地は安く手に入っても、頑丈な基礎を作ったり、
鋼管杭による地盤補強などが必用になることで
建築費は一般の土地に建てるより高くなるでしょう。

 

この様な土地に家を建てるプランがある時には、
早めに専門の業者に相談をすると良いでしょう。

 

 

 

~~~~~***~~~~~
すべて無料!家づくりの情報が満載の小冊子がもらえる・・・!



家づくりに失敗したくない方へ【家づくりの小冊子】無料お取り寄せ!

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ

皮下脂肪