狭い土地に家を建てる時はこうする・・・

家を建てる時、最初に有りきは“土地”です。
その土地が狭い時の考え方を解決していきましょう!

土地が狭くても立派なうちは建ちます。
但し、それなりの配慮は必用になってきます。

 

三階の建物

 

狭い土地での考え方

 

結論は、
配慮が必要になるが快適な住まいは建てられる!のです。

狭小地に快適な家を建てるときには、
特に住まいの快適性を求める場合に必要なのは、
採光と通風の確保が一番の課題になってきます。

 

例えば南面からの採光が難しいときには、
上部に開口部を設け、
そこから採光と通風を確保できるプランが考えられます。

思いつく事は、3階建てにすることかもしれませんね。

 

3階建てであれば居住面積だって広く確保できますし、
景色の良い部屋の確保も出来るでしょう。

 

ただ、残念なことに、
その土地のある場所によっては、高さ制限があって、
折角の3階建てが建てられないことがあるのです。

 

それならと、1階を半地下にすることもできまるでしょうが、
こんどはコストがかさん出来てしまいます、

 

すでに確保してある土地であった場合には、
その土地にあった方法で満足のいく家が建てられるでしょうが、

これから土地を購入するのであったら、
時前に用途地域を確認しましょう。

 

20坪以下の狭小地に家を建てる時の問題点は・・・

 

20坪以下の狭小地に家を建てる場合、
一番問題となるのは隣地との距離です。

隣の家の敷地からは、
最低でも50~60cmの距離が必要なのです。

コレは敷地ギリギリに建物を建ててしまうことで、
エアコンの室外機を設置する時や、
ガスメーターの設置もしなくてはなりませんので、
あらかじめこういった配慮が必要となってきます。

 

新築の場合はともかく、その土地に建て替えをしたい場合には、
密集地では解体作業が出来ない時もありえるのです。

 

解体を始めたら隣の家の内壁が露出してしまったなどと
いったことも考えられます。

この様なことがあると、
見積もりより予算がオーバーしてしまう事も多く有ることです。

 

トラブルに備えて余裕を持った資金計画が必用になるでしょう。

 

 

まとめ
狭小住宅地でも、
道路斜線規制や高さ制限に注意しながらうまくプランニングすることで
採光や通報を確保した家が建てられるのです。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ

皮下脂肪