家を建てる!土地探しで知っておきたい重要な事とは何か?

折角自分の大切な家を建てるのです!
間違った土地選びを押してしまっては大きな悔いを残してしまいます。

そこで、安心な土地の選び方を考えて行きましょう。

 

住宅地を選ぶ

 

安心して住むための土地の選び方

最近の天候は以前と比べると、暑い日が続いたり、
大雨の降り方が以上であったり、大きな台風が連続して襲ってきたり、
極端な天候が多くなってきています。

 
この様な天候などは人間にはどうすることもできないものですが、
それだけに自然災害にあわないような安全な土地を確保する事は
家づくりでの一番重要なことです。

 

 

安全、安心な家づくりになんでは土地選びが何よりも大切なのです。
自然災害手向かうことは出来なくても、安全な土地を選ぶことで、
災害による住まいの被害を最小限に食い止めることができます。

 
災害をできるだけ抑えるためには、
地盤の状態が一番重要なことと認識することが重要です。
特に注意したいのは、最近では特に川の氾濫が起き易く、
川や池や沼のそばの土地であったり、近くに田んぼが多い土地などは
出来る限り裂けたいところです。

 
自分が購入する土地が軟弱な地盤であった時には、
地盤改良改良が必要になることが有り高額な費用が
かかってしまうことが有ります。

 

 

土地の有り方や状況を知っておく

 

海や沼地を埋め立てて造成したような土地だと、
洪水にまでは遭わないまでも、地震などで“液状化”して
家が倒れてしまうこともあるでしょう。

 
大掛かりな造成地は何となく安全な感覚になってしまいがちに
なるのですが“盛り土”してあることが有り、同じ造成地に中でも、
地盤の硬さの違いが生じていて、
不同沈下”を(不同沈下とは:地盤が均等に沈下せず、
建物が傾斜している状態のことです)おこしてしまうことも有ります。

 
これは入念な検査と地盤の改良が必要となります。

 

 

基礎の設計方法は地盤の強さに応じて決められており、
「住宅瑕疵担保責任保険」でも地盤調査結果の提出が求められるため、
現在では事実上、地盤調査が義務化されています。

 

 

危険な土地
地盤改良の方法としては、
軟弱地盤の層の深さに応じてセメントと土を混ぜたり、
鋼管杭を深く打ち込む改良法があります。

 
この様な「地盤」への注意は本当に大切ですが、
それと共に、その土地の周辺の環境も確認しておくことが大切です。

 
買い物のしやすさや駅や学校などからの距離はむろん、
昼と夜の様子や休日の様子の感じはどうなのかなどを
知らべておく事です。

 

 

住宅の「基礎」の有り方

 

基礎には布基礎とベタ基礎が有ります。
「布基礎」と「ベタ基礎」それぞれの特徴を理解して

建築基準法では、地耐力(地盤の強さの程度)によって
採用できる基礎の形式が決められています。

 
一戸建て住宅の基礎には主に「布基礎」と「ベタ基礎」の
2種類が使われます。

 
「布基礎」とは、外壁や間仕切り壁の下に沿って
細長くコンクリート打ち込む一体性系型の基礎。

 

「ベタ基礎」は、建物の下全面にコンクリートを打ち、
コンクリートの面で建物を支える方法です。

 

このうちでは施工し易いベタ基礎が使われることが多いようですが、
寒い地方では凍上対策が必用になります。

 
選んだ土地が密集地の時には、
色々なことに期を使うことが必用になります。

 

採光と通風に問題が出てきたり、プライバシーの確保の点でも
厳しいものがあります。

 

密集地での家づくりので一番気にすることは、
地震があったときや特に火災に対処する工夫が必用になって来ます。

 
周辺からのもらい火対策としての防火効果の高い外壁材を
採用するなどして延焼を避けるような工夫が必要になってきます。

 

建築中の騒音やほこりに対するトラブルがありがちで、
工事をする関係の車が入って来れれない場合もあるでしょう。

 

新しく密集地を購入する時には初めから難題に対処できるのか
考えておくことが必用になります。

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ

皮下脂肪