キッチンのアイディア集②(ゴミ箱)

2020年12月22日キッチン

カップボード
出典:びびブログ「Web内覧会10 特注カップボード 幅180cm クリナップ製」

キッチンはとにかく使いやすくしたいと思っていました。
特に重視したいと思っていたのがゴミ箱スペースです。

しかしいつも思うのですが、メーカーのカタログやショールームに行っても、素敵なキッチンの中でこの汚れ役とも言えるゴミ箱達はあまり日の目を浴びることはありませんクルクル

せっかくきれいなキッチンになって、今までと同じようにレジ袋を100均のフックでぶら下げるのは悲しいです。
ネットで調べた中では、このびびさんの背面カウンター下に配置するのが一番良さそうだと思いましたハート

分別は最低でも4つ

出典/購入:Amazon

分類は最低でも4種類は欲しいと思っています。

  • 燃やせるゴミ
  • ビン缶(本当は別にしたいのですが、スペースの関係で同居していただきます)
  • 発泡スチロール(これが実に多いのです)
  • ペットボトル(4リットル大五郎が出るとそれだけでかなりスペース取ります)

もう一つ「燃やせないゴミ」があるのですが、量的に少ないのでどこか別の場所でひっそりと過ごしてもらいましょう。

以前このように斜めに引き出せるダストボックスを使っていてなかなかいい感じでした。

結局選んだのがこれ

いろいろ検討して、結局選んだのがこのレジ袋を引っかけるタイプのゴミ入れでした。

これだと、4種類のゴミを振り分けることが出来ます。

背中側にあるので使いにくいかと最初思ったのですが、ちょっと手を伸ばせば届くので使いにくさは全くありませんでした。
10センチほど手前に引き出して使うこともありますが、このままでも十分「投げる」(注:北海道弁)ことが出来ます。
これは正解だったと思います。

ちょこちょこ出る生ゴミは

蓋付きポリ袋エコホルダー

ちなみに、料理中ちょこちょこ出る生ゴミ系のゴミはこの「蓋付きポリ袋エコホルダー」というのを使っています。
これもほんとに大正解でした。
スーパーでたくさんもらってくるポリ袋をひょいとひっかけて、生ゴミをぽいぽい入れて、パタンと蓋をするだけ。
ゴミがたまったら、ポリ袋を外して口を結んで本家のゴミ袋にぽいっ!

前に住んでいた築40年低低仕様の家でも夏のコバエに対策に抜群の威力を発揮しましたぴょんぴょん"

ゴミ捨てが楽になると生活も快適になります!

↓よろしかったらポチッとお願いいたしますぺこぺこ

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 高断熱・高気密住宅へ

Posted by ietate