【着工2日目】根切り(掘削)、パイル(杭)切断

2020年7月22日基礎

この記事は急げば約2分で読むことが出来ると思います
根切り開始

基礎の杭打ちから一夜明け、現場に行ってみると、もう穴掘りが始まっていました回る少女
ユンボーで巧みに杭(パイル)を傷つけないように穴を掘ってゆきます。
この作業を専門用語では「根切り」と言うそうです。

根切りとは、地面下の基礎やピットをつくるため、地面を掘る工事のことです。

 建築学生が学ぶ構造力学

この作業の値段を交渉することを「値切り」と言います。

発掘調査みたい

発掘作業

掘られた穴に杭が立っている様子は、まるで縄文式竪穴住居の発掘調査のようでした。
間違って土器でも出てこないかしら(ドキドキクルクル)。

根切り

パイル(杭)切断

パイル切断

そして地上から出ている杭の高さを、回転のこぎりで切って揃えてゆきます。
ギュイーーーン!

出る杭は刈り取られました

出る杭は刈り取られました

写真左はきれいに「根切り底」(建物の基礎底の部分の地盤)の高さに切りそろえられた杭たちです。
出る杭は見事に刈り取られました。
これでみんな横並びですね。

砕石転圧、杭カット

手前には刈り取られた杭の残骸が…
記念に一つもらっていこうかと思いましたが、きっと後で邪魔になると思い止めました。

右手には何やらクルクルと内部が回る測定器のようなものが置かれていました。
これできっと水平を測っているのだと思います。

アリガトショコラ

ここまでお読み頂き、まことにありがとうございました。
もしよろしかったら⬇️ポチッとよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 高断熱・高気密住宅へ

Posted by タテリーヌ