玄関①外観編(タイル選択、キーレスエントリー、ポーチライトは古城っぽく)

2021年3月26日建物本体作り玄関

この記事は急げば約2分で読むことが出来ると思います

地面から玄関までは57cmの高低差があります。
そこには3段の階段とポーチを設置しました。

ちなみに「ポーチ」(porch/pɔːrtʃ/)というのは「建物の本体から張り出して設けられた屋根のついた玄関」という意味だそうです。(小袋のポーチはpouch(パウチ))

タイルの色を決めなくてはいけません

さて、玄関から階段にかけては同じタイルを張るのですが、その色決めをしなければなりません。
決めることが多いです ぐったり

建築士さんから渡されたのはニッタイ工業の「ルーペス」のサンプル。
まずは現場に行って、遠目でタイルが張られたときのイメージを頭の中で描きます。

キメラレンヌ

くぅーーー、いつもながら決めるのが難しい
誰か決めてーーー!

パソコンでシミュレーション
RPS-40-60

というわけで、パソコン(photoshop)でタイルのシミュレーションをしてみることにしました。
まずは第1候補のRPS-40-60
うーん、ダークグレイ系でシックですね。

お次は第2候補のRPS-40-20
ベージュ系と言うのでしょうか?上品で悪くはないですね。

でも重厚感や無難さから第1候補のRPS-40-60に決定。

ドアの選択

お次は玄関ドアです。

最初に建築士さんから提案されたのはLIXILのM17(上図中央)というお手頃価格のドア。
建築費を抑えるためにこれを提案してくれたのですが…
なんか「どこでもドア」みたいであまりにもあっさりしすぎています。

やはり家の顔とも言うべき玄関は重厚でかっこいいドアにしたい。
実際にLIXILのショールームで現物大のシミュレーションで確認した結果、2万円高いけどM14(上図左)にすることにしました。

完成後の玄関外見

そしてこれが出来上がった玄関の外観です。
タイルの色もこれでよかった!そしてドアもすごくいい感じ ばんばん

くぅーーーー!ここで寝てもいいわーーー!!!(photoshopシミュレーション

ポーチライト

ポーチライトはヨーロッパの古城みたいなのにしました。

暗くなるとLED電球がほんのりと自動的に点灯し、人が近づくとパッと明るくなり、いなくなると元に戻り、指定の時間(22時とか)に自動的に消えます。賢いです。

冬の夜はこんな感じ。

アカリーヌ

我が家に帰ってきたーー

という感じでうれしくなります。

鍵はタッチレスキー(電子錠)

玄関の鍵は、以前Twitterで見て、絶対にタッチレスキーにしようと思っていました。

実際に導入してみて、これはめちゃくちゃ便利です ぴょんぴょん"
荷物があっても、夜暗くても、鍵を出してきてガチャガチャやる必要ありません。
ボタンをチョンと押すだけ、ガガーーと言って鍵が開いてくれます。
もちろん鍵を閉めるときもボタンを押すだけ

オスリーヌ

三杯酢作りも、醤油、みりんを入れ、あとは

ツッコミおじさん

お酢だけ!

続いては玄関内部のご紹介!
と思ったのですが、長くなってきたのでここで一度閉めさせて頂きます。

アリガトショコラ

ここまでお読み頂き、まことにありがとうございました。
もしよろしかったら⬇️ポチッとよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 高断熱・高気密住宅へ

Posted by タテリーヌ